Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリジナル・ハパが好き。
2010年 05月 30日 (日) 00:01 | 編集
ハワイのアカデミー賞とも言われる
「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」。
今年のアワードの行方は?
いよいよハワイ時間の30日に決まるんですよね。

17年前の1993年、
そのナ・ホク・ハノハノ・アワードを
6部門にわたって受賞した「Hapa」。

ハパのサウンドを初めて聞いた時、
思わずチキンスキン状態になりました。
かつて、ピーター・ムーン率いる
「サンデー・マノア」を聞いた時のように。

トラディショナル・ハワイアンを
こんなにも自由に新鮮に
蘇らせてしまうことができるなんて。

そんなハパのふたりに会いたくなって、
当時ハワイで僕がアート・ディレクションを
担当していたフリーペーパーでインタビューを企画。
これは、その時の見開き掲載記事です。

hapa spread
photo by Danna Martel text by Yumiko Nakamura
Hapaはハワイ語でハーフ。ふたりでつくるひとつの音楽をビジュアル化。


ホノルル・ダウンタウンのスタジオに
ギター・ケース一つだけ持って現れた
バリー・フラナガンとケリイ・カネアリイのふたり。

用意したラフ・スケッチをもとに撮影開始。
その場のノリで、ケリイの腕に
マーカー・ペンで手描きのタトゥを入れたり、
(あわてて描いたので、へたくそ。)
和やかで楽しいフォト・セッションでした。

ハパのふたりとも、
出来上がった写真をとても気に入ってくれて
その後、彼らのCDジャケットや
プロモーションにも使ってくれました。

hapa pola
ちゃっかりバリーのギターを抱えて、インタビュー後の記念ポラロイドを。
Yoshi-B、Yumikoさん、みんな元気かな~?


そして翌年の1995年、
このインタビュー・ページは
ハワイのデザイン大賞「ペレ・アワード」で
エクセレンスをいただいたのでした。

月日は流れて、ハパは惜しまれつつ解散。
そしてふたりは別々の音楽の道を歩むことに。
2003年、バリーは新生「ハパ」を結成し、
日本でコンサートをするなど活動を開始。

でも、やっぱり僕は、最初の「ハパ」が好き。
完璧とも言える彼らの1stアルバム。
あのアレンジとサウンドは
当時のバリーとケリイだからこそ、
生み出せたのでしょうね、たぶん。いや、きっと。

「この夏T」お探しのかたは、こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




スポンサーサイト
愛しの紙メディア。
2010年 05月 27日 (木) 00:00 | 編集
パラダイス・プリンティングの
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクションに
ここ一ヶ月ほどの間、お付き合いしていただき
どうもありがとうございました。

オンライン・ショップ、ブログ、eメール、ツイッターでの
新作のお知らせ&お披露目。
すべて電子メディアばかりじゃないですか。
何か忘れていませんか?

そうなんですよ、紙メディアを
ないがしろにしてはいけませんね。

正直、僕はこの紙メディアで育ってきたものですから
実は今でもいちばん好きなメディアなんですよね。

2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクションの
フライヤーもこうしてちゃんとつくりました。

コピーからデザイン、プリント、
そして折りからスタンプ押しにいたるまで。
相変わらず、すべてハンドメイドでコツコツと。

2010 ss flyer 1
2010 ss flyer 2

最近はこれを持って、自分の好きなカフェや
アンティーク・ショップなどに行っては、
置かせてもらっています。

たまに行った先のショップ・オーナーの方と
つい話しがはずんでしまい、
長居してご迷惑をかけたりもしていますが。

でも、それも紙メディアが仲介してくれて
楽しい機会をつくってくれてるんですよね。

しばらくは、フライヤー配布を口実に
気になるショップめぐりが続きそうです。
(もちろん、これも大事な仕事ですから。)

「この夏T」は、もうお決まりですか?
まだ、と言うかたは一度こちらへ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




ハワイが呼んでいる。
2010年 05月 24日 (月) 00:01 | 編集
パラダイス・プリンティングの
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクション。
今日はそのオオトリ(大袈裟な!)、
ハワイアン・ヴィンテージTシャツのブランド
「アロハ・ブレンド」から新作第12弾の紹介です。

hi calling t
【ハワイ・コーリング】
アロ~ハ!と聞こえてきそうな50'sのイラストが何とも悩ましい。


aloha blend logo

アメリカ本土からハワイへ進出した
電話会社「ミューチュアル・テレフォン」は、
1950年代に入ると、市内通話だけでは
利益が上がらないこともあって、
白人観光客にハワイから米本土へ
遠距離電話をかけてもらうと、
積極的にプロモーションに力を入れ始めました。

このTシャツのグラフィックは、その時のもの。
観光でステイしているハワイから、
米本土の家族へ何やら電話中の女性。
そんな設定なんでしょうね。

それにしても、うつろな目つきの
艶っぽい白人女性のキャッチーなイラスト。
きっとプロモーションの効果も上がったのでは。

リネンのパンツにホワイトバックスを履き、
この「ハワイ・コーリング」の
ヴィンテージTシャツを着れば、
気分はまさに古き良き1950年代のハワイですね。

ということで、
パラダイス・プリンティングの
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクション、
新作全12型のお披露目がこれで終わりました。

自己中なコレクションに
長々とお付き合いをしていただき、
どうもありがとうございました。

新作12型の中から、あなたの
「この夏お気に入りの1枚」がもし見つかれば、
とてもうれしいです。

オンライン・ショップに新作のすべてをUPしました。
こちらからどうぞ。 



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン



消えたオート三輪。
2010年 05月 22日 (土) 00:00 | 編集
パラダイス・プリンティングの
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクションも
いよいよ大詰め。

今日は、ニッポン・ヴィンテージTシャツのブランド、
「マルミ」より新作第11弾を紹介します。

orient truck t
【オリエント・トラック】
ふんわり浮かんだようにも見えるオート三輪とカタカナ・ロゴがいい感じです。


marumi logo

戦後の復興もめまぐるしい1950年代の日本。
その産業の発展に伴い、
オート三輪と呼ばれるトラックが一斉に登場。

このTシャツのグラフィックも、
「オリエント」という
1956年に発売されたオート三輪トラックです。

当時、多くの大手メーカーのトラックが
直線的なデザインであったのに比べ、
マイナーなメーカーではあったものの、
「オリエント」のその丸みを帯びたフォルムは
スタイリッシュで郡を抜いていました。

しかし、性能・安全面で勝る
4輪トラックの登場によって、
またたく間に市場から消えて行ってしまった
オート三輪と言う名のトラック。

でも一時は、このオリエントをはじめ、
トヨタ、ニッサン、ダイハツ、三菱など、
(渋いところでは、クロガネという
バイク・メーカーまでもつくっていました。)
いろんなメーカーのオート三輪が
街中をきぜわしく走っていたんですよね。

それを想像するだけでも和んでしまいます。
現在のトラックに比べると、オート三輪って
何だか可愛くて、温かみを感じるせいかな。

オンライン・ショップで新作がじっくりと見れます。
こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン



セレブは、中国骨董好き。
2010年 05月 19日 (水) 00:01 | 編集
パラダイス・プリンティングの
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクション。
本日は、ハワイアン・ヴィンテージTシャツのブランド、
「アロハ・ブレンド」より新作第10弾をお送りします。

fong inn t
【フォン・イン】
ちょっと見は、アメリカのカレッジTee。でも、よく見ればドラゴンが双方に。

aloha blend logo

1920年代のハワイ。
アメリカ本土から観光で来る人々と言えば、
間違いなくお金持ちばかりでした。

豪華客船で何日もかけて船旅を優雅に楽しみながら、
アロハ・タワーのあるホノルル港を目指して。

そのホノルル・ダウンタウンには当時、
数多くの中国骨董屋が軒を並べていました。
このTシャツのグラフィックである
「フォン・イン」もそのうちのひとつ。

18世紀、ヨーロッパの貴族社会。
中国の陶器は、ダイヤモンドに匹敵するほどの
希少性で高価なものとして扱われ、
貴族らに好まれていました。
それが時代を経ても富裕層=中国骨董好き、
として受け継がれていったったようです。

ホノルル港に着いたそんなリッチな観光客相手に
商売をしていた高級中国骨董品店「フォン・イン」。
Tシャツのトレード・マークは、もちろん当時のオリジナル。

さて、このTシャツを着ると
どんな気分になるのでしょうか?

ショップTeeを着て言葉巧みに骨董品を売る
チャイニーズのショップ・オーナーか、
はたまた、おみやげのショップ・ロゴTeeを買い求めた
セレブな白人ツーリストか。

オンライン・ショップで新作がじっくりと見れます。
こちらからどうぞ。




オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン



ホットロッドTeeを涼しく着る。
2010年 05月 16日 (日) 23:20 | 編集
パラダイス・プリンティングの
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクション。
新作第9弾は、アメリカン・ヴィンテージの
ブランド「146」から、ホットロッドTeeです。

russetta t
【ラセッタ】
50'sのホットロッドTeeとくれば、ボディはホワイト。プリントはレッドの染み込みで。

146 logo
サーフー・カルチャーに比べると、
なぜか日本では定着しなかった
アメリカのカウンター・カルチャーとも言うべきホットロッド。
(もちろん、一部の熱狂的マニアを除いて。)

日本の道路事情、車の法的規制など、
外的要因が関係しているのでしょうか。
それとも、日本人の体質にそもそも
合わないカルチャーだったんでしょうか?

ジョージ・ルーカス監督の映画
「アメリカン・グラフィティ」でジョン・ミルナーが
乗り回していたイエローのホットロッド、
すごい決まってましたよね~。

すぐに影響される僕なんですが、
さすがにクルマは簡単に真似ができないので、
せめて、Tシャツの袖をロールアップして、
その中にタバコを入れることは、
映画を見た翌日からさっそくやってました。

このTシャツのグラフィックは、
ホットロッド好きで知らない人はいない
1950年代に名を馳せた「ラセッタT.A.」。
もちろんTシャツとして当時、
存在していたわけではありません。

速さを象徴する砂時計と
羽を組み合わせたお馴染みのロゴに、
疾走するホットロッドのイラストは、
スピード感MAXの1枚。

あえて男臭く着るんじゃなく、
暑い夏に涼しく爽やかに着たほうが
おもしろいかも知れませんね。

ダメージ・デニムより、ノンウォッシュ・デニム。
ブーツより、コードバン・シューズあたりを
コーディネイトしてみては、どうでしょうか。

オンライン・ショップで新作がじっくりと見れます。
こちらからどうぞ。 



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン



ハワイの誇りです。
2010年 05月 13日 (木) 23:10 | 編集
昨年、ハワイでリバイバル。
そして最近、日本でも飲めるようになった
往年の人気ビール「プリモ」。

1950年代中頃、そのプリモ・ビールの
好ライバルだったのが「ロイヤル・ビール」。

パラダイス・プリンティングの
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクション、
新作第8弾は、アロハ・ブレンドから
このロイヤル・ビールTeeをピックアップ。

royal beer t
【ローヤル・ビーヤ】
ビールじゃなく、ビーヤと言ったほうがネイティブっぽく聞こえそうですね。

aloha blend logo

ハワイアナ・コレクターのマスト・アイテムである
プリモ・ビールもいいけれど、
僕はやっぱり「ロイヤル・ビール」のグラフィックが好き。

何と言っても、「布哇の誇り」ですからね。
プリモ・ビールに比べ、日系人にも
こちらは、熱くプロモーションしていたんですね。
このTシャツのグラフィックもそのひとつ。

1950年代のはじめ、アメリカ本土から
著名なビール醸造家をわざわざハワイに招いて
開発・製造したという「ロイヤル・ビール」。

しかし、その寿命は短かったようです。
50's後半には、市場から消えて行きました。
テイストがローカルには、
受け入れられなかったのでしょうね。

このロイヤル・ビール、
果たしてどんなノド越しだったのか?
飲まない僕でも妙に気になってしまいます。

オンライン・ショップをリニューアルしました。
新作がじっくりと見れます。
こちらからどうぞ。 



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ




ここで、お茶したかった。
2010年 05月 10日 (月) 22:03 | 編集
パラダイス・プリンティングの
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクション、
まだまだ続きます。

今日は、ハワイアン・ヴィンテージTシャツのブランド、
「アロハ・ブレンド」から新作の第5弾です。

halekulani beach coffee t-2
【ハレクラニ・ビーチ・コーヒーショップ】
焼けた肌にこそ似合います。ヨレヨレになるまで着込んでほしい1枚。

aloha blend logo

1960年代、短い期間でクローズしてしまった
ハレクラニ・ビーチ・コーヒーショップ。
あのハレクラニなのに、
水着のまま利用できることが売りでもあったカフェ。

(どうやらハレクラニ直営ではなかったようで、
可能だったのかも。でも、それが早く閉店に
追い込まれた理由だったとも言えそうですね。)

まさに60'sハワイアン・スタイルと言える、
ロングボードにココナッツ・ウエービング・ハットの
ローカル・サーファーのイラストがたまりません。

タイム・スリップできるものなら、
ぜひ行ってみたいです。
どんなインテリアで、どんなサービスだったのか?
コーヒーの味はどうだったのか?気になります。

ひょっとして、これと同じデザインの
ショップTシャツが売っていたかも。(まさか~)
と、いろんなことを夢想しながら
パラダイス・プリンティングのTシャツはつくっています。

オンライン・ショップをリニューアルしました。
新作がじっくりと見れます。
こちらからどうぞ。




オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ



心地よいノイズ。
2010年 05月 08日 (土) 00:25 | 編集
パラダイス・プリンティングの
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクション。
今日は、ニッポン・ヴィンテージTシャツのブランド、
「マルミ」からの新作第1弾です。

peerless radio t
【ピアレス・ラヂオ】
なぜか哀愁漂う、場末バレリーナ?がアイコンのグラフィック。


marumi logo

ピアレスと言えば、
すでに1920年代にはマグネチック・スピーカーを
製造販売していた今はなきアメリカの音響メーカー。

このTシャツは、そのピアレス社が1940年代に
日本で自社ラジオを販売するために、
わざわざ書き起したレアでユニークなグラフィック。
(これで、日本での販売が上がったかどうかは、
はなはだ疑問ですが。)

当時のラジオなんて、まだまだノイズ混じりの音質。
でも、そんなラジオから流れてくる音楽のほうが
今のクリアなデジタル・サウンドより、和んだりして。

しかし、このTシャツを気に入って
着てくれるひとが果たしているのでしょうか?
もちろん、僕は今夏の勝負Teeと決めていますが。
(とは言ったものの、勝負する相手もなく……。)

パラダイス・プリンティングの
オンライン・ショップをリニューアルしました。
まずは、新作6点をラインナップ。
詳しくは、こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ


イチ・ヨン・ロクの新作です。
2010年 05月 06日 (木) 00:25 | 編集
「アバクロを着ることに比べれば、
別に恥ずかしくもないですから。」と、一瞬「?!」とする
そんなコメント付きで、オーダーが入りました。

前回ご紹介のヴィンテージTシャツ
「ティーハウス・レインボー・ガーデン」は、
確かに人前で着るには、
多少の思い切りが必要かも知れません。

それにしても、
アバクロを着ることに恥ずかしさがあるなんて。
一体何なんでしょうかね~?
わかるようで、わからないような……
もし、このブログをお読みでしたら、
Nさんぜひお知らせください。

さて今日は、パラダイス・プリンティングの
アメリカン・ヴィンテージTシャツのブランド、
「146=イチ・ヨン・ロク」から新作第1弾を紹介します。

hob nobs t
【ホブ・ノブス・コンフェクション】
こんなショップTeeを着ながら、黙々とお菓子をつくっていてほしかったな~。

146 logo
グラフィックは、ホブさんとノブさんが営む
1920年代の小さなアメリカのお菓子屋さんのロゴ。
タテとヨコに組まれた袋文字のセンスといい、
ふたりの似顔絵がたまりません。

Tシャツ誕生以前の古き'20sの
何とも言えないゆる~いグラフィックは、
今のほうがより新鮮に見えてきます。

使用ボディは、杢グレイ。
プリントは、杢グレイとの相性がピッタリの
染み込みプリントです。
洗うほどにヴィンテージ感が増してきます。

ボトムにカーゴ・パンツ、ワーク・ブーツを
コーディネイトすれば、
どこから見ても働き者に見えそう、かな。

ブログ読者の方には、先行予約も承っていますので
こちらのお問合せフォームからお気軽にどうぞ。


【価格】
3,800円(税込み・送料別)

【ボディ】
6.2oz:天杢・丸胴
コーマ糸:綿80% ポリエステル20%

【カラー】
ナチュラル
(写真のカラーは実際の商品に色味を近づけていますが、
ご使用のパソコンの設定や環境でカラーが若干異なります。)

【サイズ】
◎レディス
S:身丈 59cm・ 身幅 40cm・ 袖丈 15cm
M:身丈 62cm・ 身幅 43cm・ 袖丈 16cm
L:身丈 65cm・ 身幅 46cm・ 袖丈 17cm

◎メンズ
S:身丈 64cm・ 身幅 47cm・ 袖丈 18cm
M:身丈 68cm・ 身幅 50cm・ 袖丈 19cm
L:身丈 72cm・ 身幅 53cm・ 袖丈 20cm
XL:身丈 76cm・ 身幅 56cm・ 袖丈 21cm

【発送】
ご注文をいただいてから、約3週間前後での
発送となりますのでご了承ください。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ







50年前のカフェ・ブーム。
2010年 05月 03日 (月) 00:25 | 編集
意外でした。
前回このブログでご紹介したヴィンテージTシャツ、
「チャーリーズ・ハワイアン・ティキ」の予約オーダーが
男性を上回る数で女性から入りました。

女のひとにも似合うデザインとは思っていましたが、
まさかね~。
蓋を開けてみないとわからないものです。

「厄除けに着たいと思います。」と言うコメントには、
思わず笑ってしまいました。(ゴメンなさい!)
チャーリーズ・ハワイアン・ティキTシャツの
キャッチ・コピーで今後使わせていただこうかな~。
「あなたの厄除けに、この1枚を!」なんてね。

さて、コレクションの第4弾も、
ハワイアン・ヴィンテージTシャツのブランド、
「アロハ・ブレンド」から。何と和柄です。

tea house t
【ティー・ハウス・レインボー・ガーデン】
イメージは欧米人が描く大和撫子風ゲイシャ・ウエイトレスといったところ。

aloha blend logo

1950年代に入ると、
アメリカ本土から大勢の観光客が押し寄せて、
一気に観光王国となったハワイ。
ハワイに東洋のエキゾチックなものを求めていた彼らに、
「ティー・ハウス」というニュー・ビジネスが登場します。

けして、日本茶を飲ませるカフェではありません。
白人ツーリストに、服の上から浴衣を着せ、
畳の部屋で座ってもらい、
すきやき、しゃぶしゃぶ等を箸で食べてもらうという、
云わば「体験型・日本食レストラン」なんですね。

50年代後半には、
何とホノルル・ティー・ハウス協会なるものまでできて、
このTシャツの「レインボー・ガーデン」をはじめ、
15もの店が名を連ねていたほどブームのビジネスでした。

プリント方式は、軽いヒビ割れのかすれプリント。
ナチュラル・カラーのボディに、オリーブ・グリーンのプリントで
よりヴィンテージな仕上がりになっています。

このTシャツにマドラス・チェックのショート・パンツ、
ペニー・ローファーを合わせて、
気分は、おのぼり米本土アイビー・リーガーで行きましょう。

ブログ読者の方には、先行予約も承っていますので
こちらのお問合せフォームからお気軽にどうぞ。


【価格】
3,800円(税込み・送料別)

【ボディ】
6.2oz:天杢・丸胴
コーマ糸:綿100%

【カラー】
ナチュラル
(写真のカラーは実際の商品に色味を近づけていますが、
ご使用のパソコンの設定や環境でカラーが若干異なります。)

【サイズ】
◎レディス
S:身丈 59cm・ 身幅 40cm・ 袖丈 15cm
M:身丈 62cm・ 身幅 43cm・ 袖丈 16cm
L:身丈 65cm・ 身幅 46cm・ 袖丈 17cm

◎メンズ
S:身丈 64cm・ 身幅 47cm・ 袖丈 18cm
M:身丈 68cm・ 身幅 50cm・ 袖丈 19cm
L:身丈 72cm・ 身幅 53cm・ 袖丈 20cm
XL:身丈 76cm・ 身幅 56cm・ 袖丈 21cm

【発送】
ご注文をいただいてから、約3週間前後での
発送となりますのでご了承ください。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ





copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。