Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これぞ王道。
2010年 06月 28日 (月) 23:45 | 編集
今回の着用イメージ写真は、
Tシャツにリーバイス501、コンバース。
これぞ定番中の定番、王道のアメカジ。

考えてみれば、40年以上も前から
そんなファッションをず~っとしていることに
なるんですね。いや~ビックリ!

fong inn on
Tシャツのグラフィックについてのストーリーは、ブログ・アーカイブのこちらへどうぞ。

Tシャツ: Aloha Blend/ Fong Inn (Small) 商品の詳細は、こちらで。
パンツ: Levi's 501(サラからここまで色落ち。でも、まだまだ現役)
シューズ: Converse


男の着るものなんて、基本的には
昔も今もたいして変わっていないんですよね。

それに比べると、
女性のファッションは、目まぐるしく
変化をしていますよね。

ワンシーズンで着れなくなってしまう
そんなアイテムもけっこうあったり
するんでしょうね。たいへんですね。

定番と呼ばれるものでも、
微妙にディテールが年々変化しているので
うっかりそのまま着ると、
何だか違和感があったりして。

かと言って、ファッション誌に
振り回されるのも馬鹿馬鹿しいですし。

情報が溢れ過ぎている今の時代、
ファッションに限らず
自分なりのスタイルを築いたり、
それを保っていくのは大変ですよね。

自分がそれを着てほんとうに快適なのか、
それを食べてほんとうにおいしく感じるのか、
それをしてほんとうに心身が満たされるのか?

そんな自分自身への問いかけを
ちゃんとしていないと、
同じようなコピー人間の量産になりかねない。
こわいこわい、気をつけないとね。

人とかぶりたくない「この夏T」お探しのかたは、
こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




スポンサーサイト
イズの歌は永遠に。
2010年 06月 25日 (金) 23:44 | 編集
仕事と生活の場をハワイへ移した1991年。
その年の暮れ、ふらっと立ち寄った
クリスマス・ショッピングで賑わうアラモアナS.C.。

そこのセンター・ステージで
偶然にもマカハ・サンズ・オブ・ニイハウの
新譜プロモーションに遭遇。

ミニ・ライブが終わるやいなや、
イズラエル=イズに駆け寄って、
思わず2ショットをお願いしてしまいました。

iz & hiro
この5年後にじっくりとインタビューできるとは。でもその翌年、他界してしまうなんて。

1997年6月、ハワイじゅうのロコに惜しまれつつ
若干38歳でこの世を去っていたイズ。
26日でちょうど13回忌ですね。

(イズが亡くなる一年前の1996年。
彼にインタビューする機会に恵まれ、
その時の模様を以前ブログに書きました。
こちらでご覧いただけます。)

イズのあの澄んだ歌声を聴くたびに、
彼が亡くなってしまったとはとても思えません。

イズの巨漢はもう見ることはできないけれど、
彼が残していった音楽は、今でもしっかりと
心の中に息づいているからなんでしょうね。
(あの何ともいい笑顔と一緒にね)

あらためてイズのハワイアンとしての、
そしてアーティストとしての偉大さを
感じずにはいられません。
Mahalo Nui Loa !

人とかぶりたくない「この夏T」お探しのかたは、
こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




服飾エンゲル係数50%を超える。
2010年 06月 22日 (火) 23:44 | 編集
おかげさまで、
パラダイス・プリンティングの
Tシャツ着用イメージ写真は、
それなりに役立っているようで。
(データをとっているわけじゃないので、
半分は勝手な思い込み?)

tea house on
Tシャツのグラフィックについてのストーリーは、ブログ・アーカイブのこちらへどうぞ。

Tシャツ: Aloha Blend/ Tea House Rainbow Garden (Small) 商品の詳細は、こちらで。
パンツ: Used
シューズ: Vans


着用イメージ写真で、
何かリクエスト等あればお知らせください。
例えば、ジャケットを着た場合、
インナーとしてのTeeを見たいとか……。
クロップド・パンツでコーデしてほしいとか。
(まだ、持っていなかった)
手持ちのワードローブで
極力お応えしていきますので。

ハワイから日本に帰って来て3年。
「郷に入れば、郷に従え」の教え通り、
ファッションは、すっかり日本仕様に
なってしまいました。

それにしても、
周りのみなさんほんとうに服飾費に
お金をかけているな~っていうのが
正直な感想。
服飾エンゲル係数、高そう!。

でもね、この頃思うんですよ。
流行ものをとっ替えひっ替え着るより、
何でもないものを手入れ良く
大事にず~っと着ているひとのほうが、
よほどカッコいいな~って。

これって、年をとった
ということなんでしょうか?
「いや、単なる経済力の問題ですね。」
ってツッコミが入りそう……。)

人とかぶりたくない「この夏T」お探しのかたは、
こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




ボランティアにピンきりなし。
2010年 06月 19日 (土) 23:46 | 編集
世界一の投資家であり、
大富豪でもあるウォーレン・バフェット氏。
彼が資産の半分を、みんなで寄付をしようよと、
ビル・ゲイツらの、これまた大富豪を誘って
ランチ・ミーティングを重ねていたそうですね。

たぶん、庶民レベルでは想像もつかない
寄付金額の世界ではありますが。

auw bro cover
auw bro inside
auw bro buck
ハワイ最大の慈善団体「アロハ・ユナイテッド・ウェイ」のパンフのお仕事でした。
コストをかけないように1色刷りで。外注を止め、キャラも自分で描いてみました。


ハワイに住みはじめて、
ボランティアに対する考え方が少し変わりました。

十数年前、日本にいた頃は
ボランティア活動=生活や収入に
それなりのゆとりが出てきてからやるもの。
漠然とそう思っていました。

ところが、ハワイで働く
ローカルのひとたちは違っていました。
積極的に募金をしたり、(金額に関係なく)
時間を割いて奉仕活動に参加していたんですね。

ハワイが全米州の中でも、
とりわけ物価は高く、所得は低いという
そんな悪状況にも関わらず。

文化の違いと言ってしまえばそれまでなんですが、
これは、個人の意識の違いに違いない。(くど~い)
ハワイで生活をしてゆく間に
徐々にそう気付いていきました。

それ以来、とりあえずアクションを心がけています。
「何でもいいんだよね、ちょっとしたことで。
何もしないより。」
と、自分に言い聞かせながら。

人とかぶりたくない「この夏T」お探しのかたは、
こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




個人プレイ。
2010年 06月 16日 (水) 23:42 | 編集
広告畑でず~っと仕事をしてきました。
グラフィック・デザイナー駆け出しの頃から、
クリエイティブ・ディレクターとなっても
基本、仕事はすべてチームワークありきでした。

仕事内容に応じて、ふさわしい
デザイナー、コピーライター、イラストレーター、
フォトグラファー、スタイリストの方たちと
チームを組んでの仕事ですね。

oriental truck on
お堅いところとは取引がないので、夏はTee+サンダルで打ち合せに行きます。

Tシャツ: Marumi/ Orient Truck (Small) 詳細は、こちらで。
パンツ: VolCom
サンダル: Scott
バッグ: Hermès


しかし、パラダイス・プリンティングの
Tシャツづくりだけは、
あえてすべてをひとりで行っています。

企画・製造・販売・出荷にいたるまで
ひとの手を借りることなく、
自分のできる範囲内で、自分のスタイルで。

個人的な意見として、
Tシャツづくりをスポーツに例えるなら、
団体競技より、個人競技だと思っています。
多人数でTシャツの絵柄を決めたり、
あれこれと売り方を考えたりするほど
つまらないものになっていってしまう。
そんな気がしてならないんですよね。

Tシャツという小さなメディアに、
個人の思い入れやイメージを表現していく
とてもパーソナルな世界観づくり。
それに共鳴していただいた方には、
自らの手でつくってお届けをするという
至極シンプルな流れ。

つい、だらだらと書いてしまいましたが
要は、広告の仕事では、チームプレイを。
パラダイス・プリンティングのTシャツづくりでは、
個人プレイを楽しんでいます。
と言いたかったんですね。失礼しました。

人とかぶりたくない「この夏T」お探しのかたは、
こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




ヘタ過ぎない。ウマ過ぎない。
2010年 06月 14日 (月) 23:37 | 編集
パラダイス・プリンティングの
オリジナル・ヴィンテージTシャツ。
オーダーをいただいたものは、
すべて僕自身がハンド・プリントで
一枚一枚仕上げています。

island roofing on
30年ほど前にハワイで購入したカマカのテナー・ウクレレ。当時は$400でお釣りがきました。

Tシャツ: Aloha Blend/ Island Roofing (Small) 詳細は、こちらで。
パンツ: Levi's 501
シューズ: Gucci
ウクレレ: Kamaka


同じ版を使っているのに、
刷るたびに微妙にプリントの表情が
一枚一枚違って現われてきます。

その日の温度・湿度が
インクに影響することも理由のひとつですが、
プリント時のほんのわずかな
スキージー(ゴムのへら)の角度の違いや、
圧力のかけ方によって刷りは繊細に左右されます。
ハンド・プリントの良さ、味わいは
実はこんなところにあります。

均質な製品づくりは、もちろん大切。
かといって機械がプリントするように
インクがただ均一に布地にのっているだけでは、
ハンド・プリントの意味がありません。

いくらキャリアを積んでも、
ヘタ過ぎず、ウマ過ぎないプリントを。
パラダイス・プリンティングが
いつも心がけていることです。

ただ、ウクレレは
もっともっとウマくなりたいものです。

人とかぶりたくない「この夏T」お探しのかたは、
こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




熱血カメハメハ伝。
2010年 06月 12日 (土) 23:39 | 編集
おっと、
6/11 カメハメハ・デーを忘れてはいけませんね。
ハワイを離れてしまうと、ついつい……

カメハメハ大王が全島統一してちょうど200年。
そこでひとつ思いついたのですが、
そんな偉業を描いた連続TVドラマを
どなたかつくっていただけないでしょうか。
NHKの大河ドラマ「龍馬伝」みたいなね。

カメハメハ大王の生い立ちから
全島統一にいたるまで、
史実に基づいてのストーリー展開。
ただそれだけでは、おもしろくないので
恋あり、友情あり、裏切りありのハラハラ・ドキドキ、
ロマンス&アドヴェンチャー溢れる作品を。
あっ、3Dは止めましょう。

往年の人気TVドラマ「ハワイ5-0」がリメイク、
今秋より放映されることはうれしいのですが、
できれば、カメハメハ大王をテーマに
ここはぜひ、チャレンジしてほしかったですね。
日米両方でTV放映すれば、ハワイ観光の
強力なプロモーションにもなると思うんですよ。

kam gold front
kam gold back
1 GRAM じゃなくて、1 KILOGRAM FINE GOLD .999 だったらね~。

写真は、その昔買い求めた
カメハメハ大王の純金ペンダント。
と言ってもわずか1グラムなんですけど。
小さいわりには、彫りもちゃんとしていて、
可愛いかったので即買い。

めったにアクセをつけることはありませんが、
カメハメハ大王にリスペクトを込め
久々にTシャツにあわせてみようと思います。

人とかぶりたくない「この夏T」お探しのかたは、
こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




おじ様限定Tシャツ?
2010年 06月 10日 (木) 23:45 | 編集
前々回ブログの着用イメージ写真で
オーダーが激減するかと思いきや、
Tシャツ1枚にふさわしい最近の気候が
後押しをしてくれたせいか、
何とオーダーが伸びました。(ほっ!)

ということで、懲りずに着用イメージ写真その2を。

kihei auto repair on
Tシャツ+デニムもいいけれど、このTなら、何となくボトムはチノパンかと。

Tシャツ: Aloha Blend/ Kihei Auto Repair (Small) 詳細は、こちらで。
パンツ: Old Navy
ブーツ: Caterpillar
キャップ: In-4-mation


今回のパラダイス・プリンティング
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクションで
使っているボディの特徴も、こんな着用写真があると
説明もしやすく、よく伝わると思います。
では、さっそく能書きを。

身幅は、ややスリムになっていて、
着丈も、タックインしない着こなしを考慮して短め。
ローライズのパンツでベルトを見せたりするには、
ちょうどいい長さのボディです。

袖口先は、一般のTシャツに比べ、若干の絞り込み。
着たときに袖口が広がらずイイ感じになります。
ちょっとしたことなんですが、
意外とこれが肝なんですよね。
(なぜか、岸田一郎さん的まとめ。)

ハワイ帰国熟男が着ているからといって、
パラダイス・プリンティングのTシャツは
けしておじ様向け限定ではございません。

オーダーの約半数は、実はレディスからなんですね。
つくっている僕も、不思議に思えるんですけど。
でも、うれしい誤算です。

人とかぶりたくない「この夏T」お探しのかたは、
こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




お取り寄せTシャツ。
2010年 06月 09日 (水) 00:01 | 編集
お取り寄せブーム、
まだ続いているのでしょうか?

パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージTシャツを買っていただくこと。
食べ物ではありませんが、
これもひとつの「お取り寄せ」だと捉えています。

pp paper bag
パッケージは、いたってシンプル。これを規定の送付サイズにテーピングして送ります。

星の数ほどあるTシャツの中から、
あえて手に取ることもできないTシャツを、
会ったこともないひとから買うということ。
これは、やはりすごいことです。

デザインやプリントが気に入っただけでは、
オンライン・ショップで
買っていただくことはできません。
どうしても「それを取り寄せたい」という
強いモチベーションがあってこそだと思います。

自分がほんとうに着たいTシャツだけをつくって、
それが「お取り寄せ」をしていただける。
こんなにうれしくて、光栄なことはありません。

Tシャツを刷る時も、
「お取り寄せ」をしていただいたことに対して
これからも感謝の気持ちを持って
一枚一枚仕上げていこうと思います。

人とかぶりたくない「この夏T」お探しのかたは、
こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




First or Last ?
2010年 06月 05日 (土) 00:02 | 編集
「Tシャツの着用イメージがあると
うれしいのですが……」と、
パラダイス・プリンティングのオンライン・ショップに
度々お問合せメールがありました。

確かにオンライン・ショップのTシャツは
ハンガーに吊るしてあるだけの写真ですから、
着たイメージは伝わりにくいですよね。

で、さっそくこのブログで新作Tシャツの着用写真を
紹介していこうと思います。

と言っても、イケメン・モデルを雇う余裕もないので、
Tシャツの作者自らがやるということでお許しを。
デザインからプリント、着用写真まで、
こうなったら全~部ひとりでやっちゃいます。

hi calling on 2
電話のコールサインって、シャカサインと同じだってこれで気が付きました。

Tシャツ: Aloha Blend/ Hawaii Calling (Small) 詳細は、こちらで。
パンツ: Journal Standard
シューズ: Florsheim
トートバッグ: Gregory


今回はTシャツの絵柄に合わせ、
ちょっぴり大人っぽくシックに着るのもいいかなと、
Tシャツ=足元はスニーカーをあえてはずし
スエードのシューズにしました。

しかし、友人から気になる一言が。

「着用イメージは大事だと思うけど、
場合によっては、売り上げが下がることだって
ありえるからさ」。

「………そうか、………そうだよね」。
これでオーダーが減ったら、中止ですか。


「この夏T・オレT」お探しのかたは、こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




帰国熟男のつぶやき。
2010年 06月 02日 (水) 00:01 | 編集
1991年の10月にハワイ入り。
そして、16年間のハワイ生活を終え、
2007年6月1日、日本に帰国。
今日でちょうど3年が経ちました。

ハワイ入りする前の
日本ではバブル景気を存分に謳歌し、
(といっても、仕事三昧でしたが。)
そのバブルがはじけそうになった頃に
タイミングよくハワイへ移住。

steve house
とりあえず、友人の住むこのマキキの一軒家に居候。そして新聞でコンド探しを。
makiki road
マキキの閑静な街並みは、案外と好きでした。上に行けばタンタラスの丘へ。

折りしも今度はハワイで、
日本からのハワイ渡航客が年間200万人を
超すという観光バブルを迎えることに。
そんなとてもラッキーな流れに
乗ることができました。

ハワイでの16年間の生活は
何だか、あっという間に過ぎ去って行きました。
たぶん、日本のようにはっきりとした
四季がないことも
かなり影響していたと思います。

毎朝起きれば、
無条件に快適な気候が迎えてくれて、
飲んで食べて仕事をして一日が終わる。
たいして変化もない、そんな平和な毎日を
淡々と過ごしていたんですよね。

それに比べると、
日本に帰ってからの3年間は、
ずいぶんと長く感じてしまいました。
もう10年くらい経ったようにも
思えてしまうんですよね。

良くも悪くも、けじめある日本の四季は、
否応なしに時間やその時の気持ちを
カラダに刻んでくれるものなんだな~と。

たとえば、
寒い冬なんて気を奮い立たせないと、
暖かいベッドを離れることも、
まして仕事にとりかかることもできないしね。
(だから冬は特に長~く感じてしまいます。)

さらにこのご時勢。
不景気による閉塞感も時間の流れを
余計に長く感じさせているような気もします。

とまあ、そんなことをふと思ってしまった
帰国子女ならぬ、
帰国熟男のジャスト3周年目の感想でした。

でもね、人生って過去に生きるわけでもないし、
今日が、今が、いちばん大切。

今日一日を思う存分に生きれば、
明日もいい一日が待っているんですよね。
(と、自分に言い聞かせて)

さて、もうひと仕事しますか~。


「この夏T・オレT」お探しのかたは、こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。