Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tシャツ選びのプライオリティ。
2010年 09月 30日 (木) 23:45 | 編集
朝夕めっきりと肌寒くなってきました。
Tシャツ1枚で過ごせる日々も
残りわずかになってきたみたいですね。

毎年衣替えで夏物を仕舞いこむ時に限って、
その夏のいろんな出来事がフラッシュ・バック。
そして、なぜかちょっとセンチなったりして。
kihei auto cc
ところでこの夏、
みなさんはどんなTシャツを選び、
それを着て過ごされたのでしょうか?

お気に入りのTシャツを選ぶ時の基準は、
もう、ひとさまざまですよね。

着心地を最優先するひと、
サイジングをから入ってゆくひと、
デザイン・カラー至上主義のひと、
価格から絞り込んでゆくひと……。
island roofing cc
僕の場合は、まず絵柄です。
グラフィックが気に入らなければ、
どんなにリーズナブルであってもアウト。

次にサイジングでふるいにかけます。
ジャスト・サイズでなければ、
借り物を着ているようで落ち着きません。

そして、最後に素材で判断します。
もちろん良い生地にこしたことはありませんが、
素材の良さ=価格に反映するので
その時の自分のサイフと相談ですね。

例えば、昔ながらの吊り編み機で織った生地。
ゆるいテンションで糸が織り込まれてゆくので
生地自体もソフトで着心地も抜群です。

ただし、1時間に1メートルほどしかつくれないため、
このボディを使ったTシャツのお値段は
当然ながら高めとなります。

廉価なボディは、洗濯を繰り返すことによって
斜行(ねじれ)が発生したり、
型崩れなどを起こしやすいものです。

でも、そんなちょっとしたTシャツのやれ具合なら、
かえって経年による「味」として楽しめるんですけどね。

個人的には、あまりにも生地がしっかりしていたり、
高品質過ぎるとTシャツとしては立派すぎて
つまらないように思えてきたりもします。

Tシャツのボディもグラフィックも
肩の力が抜けたゆる~い感じが好きです。
自分の肌にいちばん近いウエアだから。
パラダイス・プリンティングは、
そんな思いでヴィンテージTシャツをつくっています。

※写真のTシャツは、いずれも
パラダイス・プリンティング
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクションの
バリエーションです。
詳細は、こちらからどうぞ。




オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン





スポンサーサイト
東京リンガーズ・クラブ。
2010年 09月 25日 (土) 23:45 | 編集
Tシャツの中でも、
首と袖まわりが色使い(トリム)された
「リンガーTシャツ」と呼ばれるタイプ。

僕は、このリンガーTシャツが大好きです。
いかにもアメリカの片田舎で、
ファッションとは無縁の無骨な男供が着ている。

リンガーTと言えば、そんなイメージが
僕の頭の中に定着してしまっていて、
それが好な理由のひとつでもあるようです。
hi calling cc
50sのハワイ、米本土から観光でやって来た成金のひとが着ていた。そんな想定でつくりました。
oriental truck cc
こんなオート三輪トラックが街中をきぜわしく走っていた、戦後の復興もめまぐるしい50sの日本。

僕の持っている古着のヴィンテージTシャツも
リンガーTシャツが1/3ほどを占めています。

どれもデザイン的には、野暮ったいものばかり。
尖った、クールなデザインは1枚もなし。
リンガーTには、なぜか似合わないんですよね。

今や世界のファッション・シーンを
リードする勢いの東京。

そんな流れにあえて逆行するかのごとく、
「東京リンガーズ・クラブ」と言うネーミングで
B級デザインばかりのリンガーTシャツを
ラインナップしたブランドをつくる。

これって、おもしろいだろうな~。
でも、売れないだろうな~。
最近は夜な夜なそんな思いを巡らせています。

※写真のTシャツは、いずれも
パラダイス・プリンティング
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクションの
バリエーションです。
詳細は、こちらからどうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン





一卵性双生児です。
2010年 09月 21日 (火) 00:05 | 編集
パラダイス・プリンティングのオンライン・ショップに
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクション12型の
こんなバリエーションを載せました。

1枚のTシャツをつくるにあたって、
そのデザインにいちばんふさわしい
ボディ・カラーを決めるために
毎回、数種類のサンプル出しをしています。

それでも、最終的に迷うんですよね。
これもいいけれど、あのボディ・カラーに
プリントしたものもやっぱりいいな~って。

今回は、そんなサンプルづくりで
特に名残惜しかったものを1型につき1点選び、
計12点をバリエーションとして紹介をすることにしました。
もちろん紹介する以上、オーダーも承るということで。

hob nobs t
hob nobs spo

見ていただくとおわかりかと思いますが、
同じデザインでもプリントするボディの色が違うと
何だか雰囲気もまた違ってくるんですよね。
双子でも性格は異なる。そんな感じです。

自分だったら、このデザインで、ボディ・カラーはこの色で。
と言うそんなカスタマイズもできるので、
ご希望のお方は、オンライン・ショップの
こちらのお問合せメールからお気軽にどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン





No Hawaii No Life.
2010年 09月 15日 (水) 00:04 | 編集
ハワイ好き、ハワイ通、ハワイ・フリーク、
ハワイ病、ハワイ依存症。

言い方こそ違いますが、
「ハワイ」抜きでは、ありえない人生の方たちは多いはず。
もちろん、僕もそんなハワイ好きのひとりなんですが。

ハワイが好きと言っても、ほんとうに十人十色の世界。
サーフィンやフラにはまって極めようとするひと、
ショッピング、B級グルメ巡りが大好きなひと……。
でも僕の知る限り、ちょっと類をみない
ハワイ好きの友人を今回は紹介しようと思います。

前々回のブログで、僕がフェアウェルでもらった
パスポート・スタイルの寄せ書きを紹介しましたが、
それをつくってくれた元同僚のつよしさんです。

僕の住んでいたコンドの近く、アラワイ運河沿いに
ホノルル市が公共に無料貸し出している
区画された畑がありました。

ローカルの人たちでキャンセル待ち状態という
人気のあるその畑の一画を
運良く借りることができたつよしさん。

日本での畑や栽培の経験がないにも関わらず、
無農薬・有機野菜をハワイの大地で
自ら作ってみたいという一心で畑を借り、
そして奥様と一緒に始めたんですね。

garden
これがその畑と収穫された野菜の数々。うまそ~!パパイヤ、パイナップルまで実るとは。

trail
オアフ島のトレイル・スポットは、ほぼ制覇したのでは。写真はすべてつよしさんから拝借。

週末ともなれば、趣味と健康を兼ねて
オアフ島のいろんなトレイル・スポットをトライ。
陽が落ち始めて涼しくなると、
アラワイの畑に行って、もっぱら野菜たちの世話に没頭。
畑を借りているローカルのひとたちのコミュニティへ
参加することも楽しみのひとつだったようです。
 
ちゃんと食べられる野菜が育つまでには
きっといろんな苦労があったと思いますが、
本人曰く、「勝手にすくすくと育ってくれました」
と、いともあっさり。
(きっと、野菜につよしさんの気持ちが通じたんですね。)

以後、つよしさん宅の食卓にあがる青菜類は、
すべて自給自足の有機野菜でした。
食べきれないほど収穫があった時は、
勤務先の会社のひとたちによく差し上げていました。

そんな羨ましいダウン・トウ・アースな生き方を
ハワイで実践していたつよしさん夫妻も
2007年、僕とほぼ同時期に日本へ帰国することに。

今、つよしさんは、あるUSA製のエコ商品を
日本で普及させようと、こんなサイトを運営しています。
いかにもつよしさんらしいモノ選びに感心です。
ご興味のあるお方は、ぜひこちらを見てください。

パラダイス・プリンティングのオンライン・ショップは、
こちらからどうぞ。  



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン





ココロで打つ。ココロに響く。
2010年 09月 10日 (金) 00:02 | 編集
1998年、ハワイを拠点に
ワ-ルドワイドに活躍中の和太鼓奏者、
ケニー・エンドウ氏に雑誌のインタビューで
お会いすることができました。

これは、その時の見開きページです。
シンプルに大胆に。静寂から響きへ。
そんなイメージでデザインをしてみました。

kenny spread
ケニーさんに「決めのポーズ」をお願いしてスタジオで撮った1枚。まったく隙がない構えでした。
photo by Danna Martel text by Mina Sakai


ケニーさんは、ロサンゼルス生まれの日系2世。
和太鼓との出会いは、民俗音楽を専攻中のUCLAで。
その響きに自身のルーツを体感したと言います。

その後、カリフォルニアで
ロック、ジャズのドラマーとして仕事をしながらも、
和太鼓を極めようと決心、日本へ向かいます。

10年間、日本で組太鼓と邦楽、江戸囃子を学び、
外国人としては、初の邦楽の名取となります。
そして、奨学金でハワイ大学の大学院へ。
再び、民俗音楽を専攻します。

今では、アメリカ本土をはじめ、
ヨーロッパやアジアなど世界各地で
精力的に演奏活動を行っています。

伝統的な日本の和太鼓に
ジャズのスタイルやエスニックのリズムを
取り入れたその独自の奏法は、
日系2世であるケニーさんだからこそ
創り出せた新しい音楽ジャンルだと云えます。

そのケニーさんの最新アルバム、
「リズム・サミット」 がリリースされました。

ハワイで活躍するジャズ・ドラマーのノエル・オキモト氏、
ジャズ・ベーシストのディーン・タバ氏との
3人による何ともユニークなコラボレーションです。

このコラボ・アルバム「リズム・サミット」を聴いていると
不思議と気持ちがゆったりとしてきます。
異文化の理想的融合と言っても良い
ハワイのミックス・カルチャー。
それがあってこそ産まれたサウンドだからでしょうか。

いわゆる、ハワイアン・ミュージックとは違い、
「リズム・サミット」は、まったく別の意味で
そんなハワイらしさを感じさせてくれる奥深い1枚。
この秋、じっくり聴き込むにはもってこいです。

パラダイス・プリンティングのオンライン・ショップは、
こちらからどうぞ。 



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン





ハワイでCMデビュー。
2010年 09月 05日 (日) 00:07 | 編集
まさか、ハワイでCMの仕事ができるとは。
たまにCM絡みの仕事はあっても、
日本では、プリント・メディアを中心とした
グラフィック・ワークばかりでした。

ハワイで在籍していた会社の
3大取引先のひとつでもあった「PCS Hawaii」。
(現ジャルパック・ハワイ/Jalpak Hawaii)

当時そのPCS Hawaiiが、
自社の知名度やイメージアップを図るため、
ハワイのローカル向けテレビ放送局に
CMをつくって流したいという依頼でした。

こうして、僕は幸運にもワクワクどきどきの
CMづくり初体験をハワイですることになりました。


VHSテープからのダビング。30秒CMスポットが1993~1996年の順に3本流れます。

最初のCMは、1993年に企画・制作されオンエア。
その後は年ごとに1本、計4本のCMをつくりました。
それぞれテーマは、
その1: フラ・カヒコ/ 伝統
その2: レイ・メイキング/ 伝心
その3: ハワイアン・キルト/ 伝承
その4: アウトリガー・カヌー/ 伝説
(その4は、動画が手元になくてUPできませんでした。)

絵コンテによる企画・プランニングまでは、
グラフィックで培った経験で何とかなるけれど、
もっと重要なことは、企画が通った後なんですね。

2次元のグラフィックと違い、
動く3次元のCMは演出が肝になってきます。
ハワイでの4本のCMづくりでは、
ほんとうに貴重な体験をさせてもらいました。

実は、これらのCMづくりで請け負った予算、
なんと1本につき5000ドルだったんですね。
企画、コーディネイト、モデル、カメラ、サウンド、
ナレーション、編集にいたるまでのすべてが。

ローカルの方たちの温かいご協力、
そして、優秀な現地制作スタッフに恵まれていなかったら
間違いなくこの予算では実現不可能でした。
ほんとうにありがとうございました。
Mahalo Nui Loa!

パラダイス・プリンティングのオンライン・ショップは、
こちらからどうぞ。 



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン








copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。