Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴィンテージ一筋。ではいけない。
2011年 03月 29日 (火) 23:50 | 編集
ヴィンテージ・グラフィックスが大好きで、
Tシャツも大好き。
ということで、ヴィンテージTシャツをつくっています。
でも、なにがなんでもヴィンテージ、
という頑固者ではけしてありません。

pucci t
エミリオ・プッチがハワイのTシャツをつくるとすれば、こんなデザイン?
「Kaimanahila」はハワイ語でダイヤモンド・ヘッドのこと。


製品化はしないけれど、
実はいろんなタイプのTシャツを思い描いて
デザイン画上では遊んでいます。

例えば、上のデザイン画。
ハワイをテーマにエミリオ・プッチ風にデザインしたもの。
よ~く見ると、真ん中が
ダイヤモンド・ヘッドのシルエットになっています。

いつも自由に。いつも柔軟に。
いいデザインほど、そんな思考スタイルでないと
生まれないよ、とデザイナーの駆け出しの頃、
大先輩の方々からによく言われたものです。

ひとつのことに拘り、
掘り下げていくことも大事だけれど(好きなんです)、
発想が固まってしまったらデザイナー生命もおしまい。

というわけで、ヴィンテージTシャツ以外の
Tシャツもいろいろと楽しみながらデザインしています。
たまには、ブログでそのあたりのTシャツも
紹介をしていきたいと思います。

パラダイス・プリンティングのオンライン・ショップは、
こちらからどうぞ。 



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン


スポンサーサイト
弘法、筆を選ぶ。
2011年 03月 24日 (木) 23:50 | 編集
Tシャツのプリントで使う「スキージ」。
それは画家に例えれば、絵筆のようなもの。
なんて、大袈裟な例えは似合いませんか。

squeeze
このスキージでスクリーン版上のインクを掻き落とすことによって、
下面にセットされたTシャツに絵柄が刷り込まれます。


僕が使っているスキージは、
ブレード部分がゴム製のもの。
ウレタン樹脂製のものもありますが、
やっぱりインクとの馴染み具合が
しっくりと自然な感じがするのは
天然素材のゴムのほうだと思います。

このスキージとインクに版さえあれば、
大掛かりな設備もなくTシャツのプリントなんて
誰にでも簡単にできてしまいます。

ただし、その仕上がりは千差万別。
絵柄によって、使うインクによって、
スキージの角度と、かける圧力と、運ぶスピードを
絶妙にコントロールしないとだめなんですね。
もうこれは、経験と勘と感性だけが頼りの世界。

パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージTシャツ「2011 SS コレクション」。
新作10型の版もあがりました。
いよいよプリントのスタートです。
スキージを持つ手に心地良い緊張感が走ります。

パラダイス・プリンティングのオンライン・ショップは、
こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン


過去からの依頼。
2011年 03月 19日 (土) 23:50 | 編集
パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージTシャツ「2011 SS コレクション」。
この3ヶ月間ほど、迷いに迷って
(最終的には、直感であっという間に決めたんですけど)
1000点を超えるデザイン・アーカイブより
今年の新作10型を決定しました。
すでにプリントの版づくりも進んでいます。

king's bakery ske
先出しです。2011 SS コレクションのひとつをデザイン画でご紹介。
たぶん、40代以上のハワイ通でないと知らない「キングス・ベーカリー・コーヒーショップ」。
ハワイ史上、もっともローカルから惜しまれつつ消えていった名店のひとつと言えます。


パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージTシャツのデザインは、
すべて、貴重なヴィンテージ・グラフィックがベースです。

特にハワイアン・ヴィンテージのブランド、
「アロハ・ブレンド」においては
ハワイ在住の16年間をかけて
オアフ島はもちろんのこと、
ネイバー・アイランドを駆け回って
こつこつとコレクションしてきたものばかり。

とうの昔になくなってしまった
ショップ、ホテル、サービス、プロダクツ等々。
当時使われていたそれらの粋でレアなグラフィックを
Tシャツ向きのデザインとしてアレンジ、リメイク。

タイム・マシーンでその時代に戻り、
彼らからオフィシャルTシャツのデザインと
プリントの仕事を請け負った。
いつもそんな思い入れでの
パラダイス・プリンティングのTシャツづくりです。

2011 SS コレクションも渾身の10型となります。
大いに期待してください。
けして、裏切ることはありません。たぶん……

パラダイス・プリンティングのオンライン・ショップは、
こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン


天災は、忘れないうちにやって来た。
2011年 03月 14日 (月) 23:50 | 編集
ニュージーランド地震の脅威も冷めやらぬ内に
起こった東日本大震災。
「天災は、忘れた頃にやって来る」は、
明らかにもう死語となってしまいました。

charlie's lt sp
アロハ・ブレンド「Charlie's Hawaiian Tiki」の別注品。
その昔、ポリネシアンの守護神であったTiki。それもやがて、おみやげグッズと化した。


今でこそ、天災も科学的メカニズムによって
解明・理解されてはいるものの、
それがわからなかった古代は、もっと怖かったでしょうね。

天災を「神のたたり」と理由付けすることによって
人々の恐怖心は少なからず抑えられ、
Tikiなどの厄除け・守護神も
それで生まれてきたのでしょう。

天災の脅威をこれでもかと見せつけられた
今回の東日本大震災。
家はもちろん、クルマや船、飛行機までもが、
まるでおもちゃのごとく
軽々と濁流に飲み込まれていったその様。

いくら、地震や津波の発生するメカニズムが
わかったところで、
それをどう阻止することもできないという事実。

でも、過去のどんな災害に対しても、
見事に復興を成し遂げてきた
日本人の気丈な精神力と行動力。

片やその事実がある限り、
今回の災害も必ず乗り越えていけるものと
思わずにはいられません。

この度、東日本大震災で被害に遭われた方々に
心からお悔やみを申し上げます。
そして、ひとりでも多くの方が救出され、
これ以上犠牲者が出ないことをお祈りします。

パラダイス・プリンティングのオーダー・メイドへの
お問合せはこちらからお気軽にどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン


とりあえずロンT、とりあえずパンチ。
2011年 03月 09日 (水) 23:50 | 編集
寒の戻りと言うんでしょうか、また寒くなったりして。
まだTシャツ1枚という訳にもいかないので、
とりあえずロンTを着て、しばらく春を待つことに。

delaware lt sp
アロハ・ブレンド「デラウェア・パンチ」の別注品。
ヘザー・ブルーのボディにイエローのかすれプリントが何ともソーダ・ポップな感じに。


1920年代に入ると、ハワイにも
アメリカのいろんな飲料メーカーが進出し、
シェア争いを繰り広げていたようです。

当時、ペプシもコカコーラも、
写真のロンTの絵柄であるデラウェア・パンチも、
申し合わせたように価格はなんと5セントでの販売合戦。

ただ、このデラウェア・パンチは
不認可の合成着色料を使っていたため、
短期間のうちにハワイの市場から消えていきました。

そう言えば、僕がハワイへ仕事と生活の場を
移してまだ間もない頃(1991年)、
勤め始めた会社の近くに「フラミンゴ・チャックワゴン」という
店内が妙にうす暗いローカルのレストランがありました。

そこへ同僚たちとランチ・タイムによく行きましたが、
とりあえず、みなさんドリンクは、
(どうみても)人工着色料で真っ赤なフルーツ・パンチ。
食後のデザートも真っ赤なフルーツ・ゼリーがお決まりでした。

うす暗い店内にも関わらず、
そのフルーツ・パンチとフルーツ・ゼリーの赤だけは、
毒々しい色彩を放っていました。
そして、人工甘味料特有の甘さがいつも舌に残ったのでした。

もちろんカラダには良くないと思いつつ、
そんな異国での初めてのジャンクな食文化が新鮮で
いつの間にか、自分も真っ赤なフルーツ・パンチとゼリーが
好きになっていたのです。

パラダイス・プリンティングのオーダー・メイドへの
お問合せはこちらからお気軽にどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン


整いました。どちらも持込みOK。
2011年 03月 04日 (金) 23:50 | 編集
ハワイで暮らし始めた時のこと。
すべてが初めてづくしで色々と驚くことの連続でした。
そのひとつに、レストランにアルコールの
持ち込みができるということがありました。

ノースキング・ストリートにあった
小さなイタリアン・レストラン。
誘ってくれたのは、ハワイ在住歴の長い友人。

事前にスーパー・マーケットに立ち寄り、
ワインを買い求め、いざお目当てのレストランへ。
「そこのお店、リカー・ライセンスがないから、
飲みたければ、お酒は自分たちで持ち込むんだよね。」

以後、そんな類の飲食店に度々行く機会があって
驚くこともなく、当たりに前なってしまいましたが、
ちょっと日本では考えられないことですよね。

kona inn sw sp
写真は、アロハ・ブレンド「Kona Inn」の別注品。
お持ち込みいただいたボディは、なんとユニクロ。ファスト・ファッションが見事一点ものに。


実は、最近パラダイス・プリンティングも、
持ち込みをOKにしました。
と言っても、アルコールではありませんが。

Tシャツ、スウェットなど、
お客様の持ち込みされたボディにプリントをする
そんなサービスもスタートさせました。

チャンピョンのヴィンテージTから、
ファスト・ファッションのTシャツまで
あなたのお気に入りのボディであれば、
持ち込みは何でもかまいせん。

パラダイス・プリンティングの
オンライン・ショップ上にあるTシャツの中から
お好きなデザインを選んでいただき、
プリントする色を決め、ボディを送っていただく。

届いたそのボディに、オーダーいただいた
デザイン・カラーでハンド・プリントによる仕上げ。
そして、出来上がったあなただけの
ヴィンテージTシャツをお届けいたします。

パラダイス・プリンティングのオーダー・メイドへの
お問合せはこちらからお気軽にどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン


copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。