Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春よ来い。
2012年 02月 29日 (水) 00:00 | 編集
もう、この寒さにはうんざりですね~。
早く春が来ないかな。

でも、寒いからといって、
暖かいハワイへ行きたいとは
不思議と思わないんです。

以前、ブログにも書きましたが、
ハワイとちょっと似た夏前後の
湿気の少ない時期のほうが
無性にハワイへ行きたくなります。

blanket & converse
コンバースにウールのパンツを合わせるって、好きです。この寒さも、もう少しの辛抱ですよね。

春夏を待ち焦がれながら、
今、パラダイス・プリンティングの
2012 SS コレクションのTシャツ・デザイン画を
アーカイブから選んでいる真っ最中です。

広告の仕事をず~っとやってきたにも関わらず、
自分の事となると
一切マーケティング的な考え方をしないのですね。

前年の分析やら、今年のトレンド、
顧客の年齢層や嗜好などなど、
まるで無関係にひたすら
自分の直感だけで作業を進めています。

この夏、ほんとうに自分が着たいTシャツ。
デザイン画の選択基準はもうそれだけです。
売れても、売れなくても、すべて自己責任。

でも、どんなデザインに人気が集まるのか。
それだけは毎シーズン興味津々です。
悲しいかな、自分の予想は
いつも見事にハズレてしまいますが。

パラダイス・プリンティングの
オンラインショップは、こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン


スポンサーサイト
スーパーマーケットへ行こう!
2012年 02月 24日 (金) 00:00 | 編集
ハワイ在住時代に
いちばん利用したスーパーマーケットと言えば、
すでになくなってしまったMoiliiliの「Star Market」です。

Kapiolani BlvdのSouthサイドに長く住んでいたので、
近かったから。それが理由なんですけどね。
でも、「Star Market」の雰囲気は気に入っていました。

val super sw set
さぞローカル色の強いスーパーだったのでは。Kapahulu店より、Kalihi店の方へ行ってみたかった。

見知らぬ土地へ旅行して、
そこの生活や文化を手っ取り早く知るには
とりあえず地元のスーパーへ行くのがいちばんでは。

何を食べて、何を着て、
どう暮らしているかが何となく伝わってきます。

ただ、昔のようにローカル資本の
スーパーマーケットはなくなっていくいっぽう。
しかも同時にローカル色も失われていくので
そうとも言えなくなってしまいましたけどね。

例えばハワイ。
広くてきれい、豊富な品揃えの「Safeway」もいいのですが、
やっぱり「Times」のほうが
ハワイを感じるのは僕だけでしょうか?

お好きなカラー、サイズで上写真「val super」の
新品スウェット・シャツへのプリントも承っていますので、
こちらのお問合せフォームからお尋ねください。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

おしゃれ心の芽生え。
2012年 02月 19日 (日) 00:00 | 編集
自分が着たいもの、着たくないもの。
そんな着るものに対しての自己意識が
芽生えたのは、いつ頃からですか?

今の子供たちは、
物心がついた頃にはもう自分の好みで
自分の服を選んでいるようですね。

kauai surf sw set
アイビーに始まって、アイビーで終わる。色々あったけれど、そんな感じになりそうな我が服飾史。

初めて自分が着たいものを
はっきりと自覚したのは、何と高校生になってから。
ずいぶんとファッションに奥手の僕でした。

ボタンダウンのシャツが着たい。
住んでいた田舎では手に入らず、
当時、都心のアパレル会社に勤めていた兄に
お願いして送ってもらいました。

さっそく、それを着て登校したものの、
「生意気な奴」と、
上級生に目をつけられてしまったことを
今でも覚えています。

まさしく映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の世界。
アイビー、エレキギターは、
不良の代名詞であった時代だったんですね。

お好きなカラー、サイズで上写真「Kauai Surf」の
新品スウェット・シャツへのプリントも承っていますので、
こちらのお問合せフォームからお尋ねください。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

消えない舌の記憶。
2012年 02月 14日 (火) 00:00 | 編集
戦場カメラマンの渡部陽一さんが、
海外へ仕事で出かける時に
必ず持っていくおみやげ。
それは日本の食パンだと言います。

現地の方々が日本の食パンを食べ、
そのおいしさに驚き、
みなさん喜んでくれるとのこと。

king's bakery sw set
リーバイス2ndのリプロに、インナーはChampionの70s古着。この藍と赤のコントラストが大好き。

当たり前のように、
毎朝食べている厚切りトーストも
それを知ってからは、
もっとありがたくいただかないといけない
と思うのでした。

写真のスウェット・シャツは、
ハワイでいちばんおいしいパンをつくっていた
今はなき「King's Bakery」のコーヒーショップの
ヴィンテージ・グラフィックをハンドプリントした1枚。

ロゴには王様仕様の製品と書かれ、
ロゴ自体も、ハワイ王朝を思わせるような
荘重なデザイン。品格さえあります。

この「King's Bakery」のコーヒーショップで、
アツアツのフレンチ・トーストをまた食べたい。
今でもそう想っていらっしゃる方は、
かなり年季の入ったハワイ通ですね、きっと。

お好きなカラー、サイズで「King's Bakery」の
新品スウェット・シャツへのプリントも承っていますので、
こちらのお問合せフォームからお尋ねください。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

Tikiブームがやって来る。
2012年 02月 09日 (木) 00:00 | 編集
年始めの定番企画、
「今年のトレンド予測」なるものを
いろんなメディアが取り上げていました。

ファッションの世界では、不思議とトレンドが
毎年どのメーカーやブランドも
申し合わせたように同じなんですよね。
例えば、流行色とか着丈の長さとか。

みなさんトレンドの分母は共通で、
分子でちょっとした違いを出しているだけでは。
ついつい、そんなふうに思ってしまったり。

villager sw set
U.S.A.の古着ピーコートに、インナーは同じく古着スウェット・シャツにハンドプリントしたもの。

今時のブームは、
まず自然発生的に起こることは少なく、
必ずその裏には何か仕掛けや演出があるもの。

写真のスウェット・シャツのヴィンテージ・グラフィックには、
古代ポリネシアンの守護神であった「Tiki」が描かれています。
アメリカでは、コアなファンも多く、
「Tiki」の専門雑誌が出ているほどです。

この「Tiki」がブームになってほしいとは思いませんが、
こんな企画があったなら
間違いなくブームになってしまうのでは。

例えば「Tiki」をテーマに、嵐の新曲をつくる。
エキゾチックでノリのいいサウンドに覚えやすいメロディで。

そして、衣装デザインはあの巨匠トム・ブラウンに発注。
ド派手な「総柄Tiki」のスーツ姿で踊って歌ってもらう。
もちろん、大手アパレルとのタイアップが前提の企画です。

嵐と言えば、1999年9月に
わざわざハワイでデビューしたんですよね。
そのイベント費用は、何と5000万円だったとのこと。

当時、ハワイ在住だった僕は嵐のことを何も知らず、
芸能通の友人に「日本からハワイに嵐が来るみたいよ」
と聞かされて、最初はびっくりしました。

「ハリケーンが日本からやって来る?
やっぱり異常気象かな?」
真顔でそんな返事をしてしまったのです。

お好きなカラー、サイズで「Villager」の
新品スウェット・シャツへのプリントも承っていますので
こちらのお問合せフォームからお尋ねください。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

「いかにもハワイ」がいいのです。
2012年 02月 04日 (土) 00:00 | 編集
久々に屋外で着用写真でも撮ろうかなと
思ってはみたものの、この極寒ではね。
ほどよく暖房の効いた部屋での
コーディネイトした物撮りとなりました。

最近のヘビロテがこのスタジアム・ジャケット。
珍しいブラックレターのワッペンが
お気に入りのMade in U.S.A.の古着です。

hnl broom sw set
アメカジ定番のコーディネイト。だからこそ、インナーのグラフィックにはこだわりたいもの。

考えてみれば、10代後半から今に至るまで
基本的にワードローブは、
あまり変っていないようです。

まあ、男子のファッションなんて
女子に比べれば、そんなものなのかも。
年齢(収入)に応じて、ワードローブが
グレードアップして行くくらいのことでしょうか。

写真のスウェット・シャツは、
1950年代のハワイに実在したほうき製造メーカー
「Honolulu Broom Factory」の
ヴィンテージ・グラフィックがベースです。

ほうきを持って微笑む美人フラガール。
レイに腰蓑、あたまにはハクレイ。
そして、バックにはココナッツの木々が。

このベタな「いかにもハワイ」的描写が
たまらなく好きです。
スウェット・シャツにプリントしている時も
ついつい和んでしまうのでした。

お好きなカラー、サイズで
「Honolulu Broom Factory」の
新品スウェット・シャツへのプリントも承っていますので
こちらのお問合せフォームからお尋ねください。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。