Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨天順延の物撮り。
2012年 03月 30日 (金) 00:00 | 編集
パラダイス・プリンティングの
2012 SS ヴィンテージTシャツ・コレクション。
サンプルをあげると、
次はその写真撮りにはいります。

個人でオンライン・ショップを持っている多くの方々は、
扱っている商品の写真を
自ら撮っているひとが多いと思いますが、
僕もそんなひとりです。

here' hi up
aloha from hi up
使っているデジカメは、ハワイ帰国直後に価格ドットコムで買ったCASIOの1万5千円のもの。

パラダイス・プリンティングのTシャツの写真は、
すべて屋内で自然光だけで撮影しています。

ライティングの機材を持っていないことが
その理由でもありますが、
やっぱりありのままの光が好きだから。

ここしばらく、雨や曇りの日が続いていたので
サンプルの写真撮りをストップしていました。
やっぱり、陽が当たらない暗い写真は
Tシャツに似合わないですもんね。

かといって、天気が良すぎても
コントラストが強すぎる写真になってしまうので
ほどほどがいいんですけど。

写真撮影が終わると、
次はその写真1点1点の切り抜き加工や
現物との色調整に移ります。

モニター画面と実際のTシャツの色を近づける作業は、
案外と厄介で時間がかかるもの。
しかし、これはショップに来てくださる方々のために
すごく大切なこと。
直接、商品を見てもらえないのですから。

色を正確に伝えることは、
見るひとのモニター設定や条件の違いも加わって、
さらに難しいものとなります。
でも、色の持つ雰囲気・イメージは伝えたいので、
毎回しつこく色調整をおこなっています。

パラダイス・プリンティングの
オンラインショップは、こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン


スポンサーサイト
サンプルを摺り終えて。
2012年 03月 25日 (日) 00:00 | 編集
パラダイス・プリンティングの
2012 SS ヴィンテージTシャツ・コレクションの全10型、
サンプルのプリントが終わりました。

ず~っと頭の中で描いてきたものが、
実際のTシャツにプリントされてその姿を現す。
何度も経験しているサンプルづくりなのに
毎回、新たな緊張と感激が味わえる一瞬であります。

2012 ss graphics 2
今年の全10型の版下(原画)です。
どんな色のボディにどんな色でプリントされたのか?お楽しみに!


街へ出ると、ショップにはすでにTシャツが並んでいます。
買うことはありませんが、しっかりとウォッチします。
使っているボディの素材から、縫製やプリント技法まで。

そこから、学ぶべき点はまだまだありますし、
反対に今まで気付かなかった自社製品の良さも
発見できたりと、とてもいい勉強の機会となっています。

今年のトレンドなども自ずとわかってきたりしますが、
もちろん、それに合わせることもなく
自分がほんとうに着たいTシャツをただ素直につくるだけ。

2012 SS パラダイス・プリンティングのコレクション全10型も
すべてそんな思いでこつこつとサンプルをつくりました。
ブログで順次紹介をしていきますので、ぜひご覧ください。

パラダイス・プリンティングの
オンラインショップは、こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

商いは、飽きないようにと。
2012年 03月 20日 (火) 00:00 | 編集
古いハワイのヴィンテージ・グラフィックスを
ベースにデザインされたTシャツ「アロハ・ブレンド」。

まだまだ知名度は低いのですが、
それでも、うれしいことにブランドとして
ゆっくりと少しずつは浸透してきているようです。

ハワイを愛して止まないひと、
ヴィンテージTシャツ好きのひとには
何かしら心に感じてもらえるものがあるのでしょうか。

skebo girl
1枚のTシャツでアメリカン・カルチャーを肌身に感じる。そんなブランドであればと思っています。

パラダイス・プリンティングには、
このハワイアン・ビンテージTシャツの
「アロハ・ブレンド」のほかにも
ふたつのブランドがあります。

アメリカン・ヴィンテージTシャツのブランド「146」、
そして、ニッポン・ヴィンテージTシャツの「マルミ」です。

実は、この両ブランドは「アロハ・ブレンド」を
飽きることなく長く続けていくための役目を果たしてくれる
大切なブランドでもあります。

好きなものだけを食べた続けていれば、
やっぱり飽きてきてしまうのがひとの本性。
たまには違うものも口にしたいもの。
そんな感じで存在する「146」と「マルミ」の両ブランド。

1週間のうち、5日間は「アロハ・ブレンド」のTシャツを着て、
2日間を「146」や「マルミ」を着て過ごす。
それが僕にとっていちばん快適なTシャツ・ライフと言えます。

でも、口の悪い友人から言われてしまいました。
「パラダイス・プリンティングって、
商いというより、そもそも道楽みたいなものなんだから
飽きるはずがないでしょ」と………。

パラダイス・プリンティングの
オンラインショップは、こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

じっくりシュミレーション。
2012年 03月 15日 (木) 00:00 | 編集
パラダイス・プリンティングの
2012 SS コレクションの版も10型上がり、
いよいよサンプルのプリント入っていきます。

でも、版をつくる前に
いろんなシュミレーションを行っていました。

トルソに無地のホワイトTを着せ、
プリントアウトした各型のグラフィックをテープで止めて
最適な絵柄サイズやプリント位置などを何度も確認。

kisto torso
グラフィックがちょっと大きいくらいでも、実際プリントするとそうでもなく。経験と勘がたより。

版が出来上がると、次はどんなボディを使うか、
各メーカーの気になるボディを
サンプルで取り寄せます。

素材はコーマ糸からオープンエンド糸、
そしてオーガニック・コットンまで。
胴体は縫い合わせと丸胴の2種類を。

ネックはステッチなしからダブルステッチ、
バインダーネックなど。
もちろん生地の厚みもライトからヘビーまで。

それらを実際に触って、着てみて
着心地やサイジングなどを細かくチェック。

そして次は、各型ごとに
そのグラフィックにいちばん似合う
ボディとカラーを慎重に選んでいきます。

同時にプリントするカラー、
プリント手法やそれに適したインクも決めていきます。

とまあ、およそこんな流れを経て
いよいよサンプルづくりの最後のお楽しみである
プリントにはいっていくのですね。

パラダイス・プリンティングの
オンラインショップは、こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

海のない生活。
2012年 03月 10日 (土) 00:00 | 編集
ハワイ暮らしをしていた時は、
当たり前のように自分の身近に
いつも海がありました。

住んでいたコンドミニアムのラナイからは
ワイキキ・ビーチが見え、
勤務先のすぐ近くにはアラモアナ・ビーチが。

women & dog
人のルーツは海で暮らしていた猿と言う説があるけど、だから海を見ていると癒されるのかも。

朝、起きてラナイに出れば、
ワイキキの高層ホテル群と
青々としたビーチが目に入ってくる。

お昼はカカアコ公園で、
サーフィンを楽しむ人々を
ぼんやりと眺めながらランチを。

仕事で疲れた日の帰りには
スタバに寄ってコーヒーをテイクアウト。
夜のビーチでさざ波の音を聴きながら、
コーヒーを飲みつつテンパった頭をクールダウン。

海を見ないで過ごすなんて、
それはありえない生活でした。

でも、今は真逆の生活。
海を見るためには、クルマを走らせて
一時間以上はかかってしまう環境。

気が付けば、今年に入ってからは
まだ一度も海を見ていません。

当たり前のように身近に海があった生活。
そして現在の海なしの生活。

でも、そのどちらもすんなりと受け入れてしまう
自分の適応性には、ちょっとビックリ。

パラダイス・プリンティングの
オンラインショップは、こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン


絵師に彫師に摺師。
2012年 03月 05日 (月) 00:00 | 編集
パラダイス・プリンティングのヴィンテージTシャツ、
「2012 SS コレクション」のデザイン10型が決まりました。
(なんとも、リアルタイムで進行中!)

いつものことなんですが、
あれもつくりたい、これもつくりたいで、
デザインの絞込み作業が大変でした。

ヴィンテージTシャツのデザイン・アーカイブが
すでに1000点を超えているので、
それにすべて目を通すだけでも
けっこうな時間がかかってしまうんですね。

hula lei perfume
うれしいことに、気の早い方はこのデザイン画だけで予約オーダーを入れてくださいます。

デザインが決まると、
次はTシャツにプリントするための
版の制作にはいっていきます。

江戸時代の浮世絵に例えれば、
デザインは絵師の仕事で、版づくりは彫師。
そして、プリントは摺師と、完全な分業スタイル。

絵師が描いた原画を
いかに忠実に版として再現するか。
それが彫師の重要な仕事。

いくら原画が良くても、摺師が巧みでも、
版の出来具合によって、
その仕上がりは大きく左右されてしまうんですね。

Tシャツ工場で修行を積んでいた時、
僕のメインの仕事はこの彫師=版づくりでした。

「いいTシャツは、版が命である」ことを
そこで身をもって知りました。

パラダイス・プリンティングの
オンラインショップは、こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。