Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Syuさん、お元気ですか?
2013年 02月 27日 (水) 18:25 | 編集
Syuさん、ご無沙汰しています。
16年間のハワイ生活を終え、ハワイを去る時に
ちゃんとしたお別れの挨拶もできずにどうもすみません。

ハワイでは、公私にわたって
良くしていただき、とてもうれしかったです。
いただいたGucciのビット・ローファーは
今も大切に使っています。

ハワイか、日本で
いつかお会いできる日を
心から楽しみにしています。

gucci bit
今夏はTシャツにセルビッジ・デニム。足元はビット・ローファーでちょっとすまして。

Syuさんは、僕がハワイで勤めていた会社に
プリント・セールスとして入社してきました。
でも、会社や仕事がどうも肌に合わなかったようで
1年足らずで辞めてしまいました。

その後、得意のバイリンガルを活かし、
ブランド店であるD社へ入り、
同じくブランドG社、T社へとステップアップ。
その人柄の良さでたくさんの日本人顧客がついて、
セールスをどんどん上げていったようです。

自宅以外にコンドミニアムを購入するほどになっても
いっさい見栄をはるようなことはしない、
堅実なライフスタイルにはとても好感しました。

日本では、美容師をしていたそうで、
(接客のうまさはそこからきているのでしょうね。)
その後、アメリカに渡りハワイに着たというSyuさん。

アメリカ生活のほうが長いSyuさんは、
ハワイ生活を始めたばかりの僕に
当時いろんなことをアドバイスしてくれました。

仲の良かった友達とみんなで行った
アラモアナSCのアルマーニのレセプションも
今ではとてもいい想い出になっています。

パラダイス・プリンティングのコレクションは、
こちらからご覧いただけます。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

スポンサーサイト
お金でお金を稼ぐ。
2013年 02月 22日 (金) 19:01 | 編集
今、話題のアベノミクス。
その影響か、為替や株の相場で
お金を儲けようという動きがずいぶん熱いようです。

もちろん、デフレからは脱出してほしいけれど、
為替や相場でのお金儲けには
個人的にはまったく興味がありません。
(過去、バブル経済の時に
一度だけ株に手を出したことはありますが)

誰かが儲かれば、誰かが損をする。
為替・株相場での損得はつまるところ、
ゼロサム・ゲームみたいなものでは。

paradise finance t
Tシャツ債権なんて発行したら、もっとたくさん新作を出せるんでしょうけどね。

たとえ、お金でお金を稼いだところで
どこか心の充実感はないと思うのです。

その点、物やサービスを売って稼ぐことは
大きな喜びがあります。

商品を気に入っていただいた
その対価としていただくお金。
買った側も満足して、当然売った側もうれしい。
いわゆるウィンウィンの関係ですよね。

物々交換だったころの古代にはなく、
紙幣が流通するようになってからこそ生まれた
お金でお金を稼ぎ出すというビジネス。

新しい事業を起こすためにも、
経済の発展にも欠かせないのがこの金融ビジネス。
個人のFXだって、やっぱり役立っているはず。
僕がとやかく言うことではないですよね。

パラダイス・プリンティングのコレクションは、
こちらからご覧いただけます。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

買い物自慢。
2013年 02月 17日 (日) 18:11 | 編集
もうずいぶんと前に聞いた話です。
大阪のひとは「いかに安く買ったか」を自慢し、
東京のひとは「どれだけ高かったか」を誇る。
そんな両者真逆な買い物自慢癖があるというのです。

じゃあ、東京と大阪のちょうど真ん中に位置する
僕の住む名古屋尾張地区はどうなのか?

coverall
ネット・オークションでほしかったカバーオールをなんと600円で。もちろんワッペン付きです。

名古屋のひとは見栄を張ると、
お金をかけた豪華な結婚式を引き合いに
よくそう言われます。

となれば買い物も、どんなに高かったを自慢する
そんなところがあるのかもしれませんが。

僕個人とすれば、大阪寄りの感覚で
「いかに安く買ったか」を自慢してしまいますし、
それがちょっとした喜びでもあるんです。

「いかに安く買うか?」って
ある種ゲームのようなもので、
情報収集と分析、安さに惑わされない
冷静な判断力が求められます。

一歩間違えば、
単なる「安物買いの銭失い」
となってしまうだけですもんね。

じゃあ、もし僕にあり余るほどの
財力があったとしたら。
それでも同じ買い物スタイルを続けるのか?
う~ん、どうなんでしょうかね~。

パラダイス・プリンティングのコレクションは、
こちらからご覧いただけます。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




春が来~た、春が来~た、どこに来た?
2013年 02月 12日 (火) 18:39 | 編集
相変わらずの寒さ。
ついつい口ずさんでしまうこの歌。
タイトルは何でしたっけ?

何枚も重ね着をする毎日。
Tシャツ1枚で過ごせる夏が
まるで嘘のように思えてしまいます。
ほんとうに夏はやってくるのだろうか?なんて。

chikyu pencil t
日本の50sヴィンテージ・グラフィックも、とてもおおらかで大好き。ほんと和みます。

でも、おしゃれ好きには、
レイヤード・ファッションが楽しめる冬のほうが
いいのかも知れませんね。

ハワイで暮らしていた16年間なんて、
仕事ではアロハ・シャツ1枚。
休日はTシャツ1枚だけ。

重ね着を楽しめない代わりに
アロハ・シャツとTシャツの枚数は
どんどんとたまっていきました。

そして、帰国間際になって
それらのほとんどはスワップミートで
売り飛ばしてしまいました。

日本に持ち帰った
アロハ・シャツやTシャツは
ほんの数枚だけだったのでした。

今、自身がTシャツをつくっていて
つくずく思ってしまうのですね。
捨てられない、大切にされる、愛される
そんなものづくりを常に心がけようと。

パラダイス・プリンティングのコレクションは、
こちらからご覧いただけます。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

好きなものは、好きなんです。
2013年 02月 07日 (木) 18:00 | 編集
パラダイス・プリンティングのTシャツ、スウェットシャツの
絵柄はすべてヴィンテージ・グラフィックです。
年代的には1910~1970年代の初頭がほとんど。

友人やお客様から
「なんでヴィンテージ・グラフィックが好きなんですか?」
とよく聞かれます。

「好きなものは、好きなんですよね」と答えたいのですが、
それではあまりにも答えになっていないので、
いろいろと意味づけをしているのですが。

socony oils t
アメリカン・ヴィンテージの「146」は、このデザインでハンドプリントの予定。

基本的には、ヴィンテージ・グラフィックが
つくられた、使われていた時代背景が好きなんです。
もちろん、その時代を原体験しているわけでもなく、
あくまでも見聞きした範囲内でのことになります。

その時代でしか、
きっと生まれたなかったであろうロゴやデザイン。
その時代を生きたものだけが放つ独自のゆるいテイスト。
そこについつい惹かれてしまうのです。和むのです。

今、いくらヴィンテージっぽいデザインをしても
どこか味わいがなく、やっぱりかなわない。
だから、なるべく手を加えないでオリジナルの
ヴィンテージ・グラフィックを使うようにしています。

この春夏のパラダイス・プリンティングの
コレクションもとびっきりのヴィンテージ・グラフィックを
登場させますので、乞うご期待ください。

選りすぐりのヴィンテージ・グラフィックをハンドプリントした
パラダイス・プリンティングのコレクションは、
こちらからご覧いただけます。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン





野心と夢。
2013年 02月 02日 (土) 18:46 | 編集
前回のブログで身の丈に合った生活スタイルが
気持ちいい的なことを書きましたが、
20代~30代はそうでもなく、背伸びをしていました。
いわゆる野心がそうさせていたのかも知れません。

もっといい服を着たい。もっとおいしいものを食べたい。
もっといいクルマに乗りたい。もっといい家に住みたい。
それにはもっと腕を磨いて、もっと稼がないと。

当時、自分の身の丈に甘んじていたら、
きっと仕事のスキルも向上しなかったと思います。
背伸びをすることで、見失うものはあったにしろ
得るものもやっぱり大きかったはず。

vw type 3
初めてのマイカーはVWかぶと虫。そして2ndがこのVW typeⅢ。お気に入りでした。

日本のバブル経済が終わろうとしていた1991年、
僕はハワイへ仕事・生活の場を移しました。
当時、ハワイは日本からの観光客がどんどん増え、
いわば観光バブル経済の真っ只中でした。

日本とハワイの両バブルの恩恵で、
ハワイではコンドミニアムのペントハウスに住み、
時計はロレックス、クルマはBMW。
ヴァケーションは高級ホテルにステイするという
なんとも浮かれた暮らしぶりでした。

でも、そんな生活が長く続くわけがありません。
バブル景気の終焉と共にフェイドアウトしていきました。

考えてみれば、野心というものは
夢とセットになっているのかもしれませんね。
野心は夢を叶えるためのモチベーションみたいな。

しかし、年齢を重ねるほどに野心が芽生えなくなる。
野心を持っていたとしても。
どんどん失われていくようです。

だから夢はあるのになかなか実現しない。
野心と夢のバランス。
これって若い時がいちばんとれているのかも。

いずれにしても、夢ですら持ちにくいこの厳しいご時世。
考えようによっては、
夢があるだけでも幸せなのかも知れません。
どんな夢かは、いつかブログで書こうと思います。

パラダイス・プリンティングのオンライン・ショップは、
こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。