Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気分はエンドレスサマー。
2013年 08月 29日 (木) 18:30 | 編集
いつまでも夏気分でいたいものの、
でも朝夕、もう秋の気配がしてきましたよね。
朝起きると、
タオルケットにくるまっている自分がいるのですから。

春から夏に向かうとき、
夏の気配を感じ始めると
年甲斐もなく「ときめき」を覚えてしまう自分。

でも、夏から秋冬に向かっていくときは真逆。
夕暮れの街角なんかで
ふと頬にひんやりと冷たい風を受けたりすると、
年相応に「たそがれ」てしまうのですよね。

fw 2013 sample print
FW 2013のサンプル・プリントを開始。刷りたてのホヤホヤ。新旧デザインを取り混ぜたコレクション。

そろそろ秋冬の支度をと、
パラダイス・プリンティング FW 2013 コレクションの
サンプル・プリントを始めました。

今年はロンTをパス。
がっつりヘビーオンスのスウェットと
かぶりパーカのラインナップに。
メンズとレディース、ともに裏起毛にこだわりました。
シルエットは、やや細めでスタイリッシュ。

Tシャツと違って、スウェットは
生地が厚いのでプリントには手間がかかります。
特にかぶりパーカは、
フード、カンガルーポケットがあるので
フラットなTシャツとは大違い。

凹凸があるので、版をしっかりと生地に密着させないと
うまくプリントができないのです。

ほんとうなら、版を押さえるアシストが必要なんですけど、
いろいろと工夫をしながらひとりでプリントをしています。
そのぶん、プリントがうまくいったら
うれしさもひとしおなんですけどね。

今回使用するボディの一部が
ただ今メーカーのストック切れのため、
FW 2013 コレクションが完全に揃うのは
もう少し時間がかかりそうです。
どうか、今しばらくお待ちください。

パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ、
SS 2013 コレクション2nd で残り少ない夏を楽しく。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

スポンサーサイト
老舗ホテルの悩み。
2013年 08月 24日 (土) 18:30 | 編集
ハワイで仕事をしていた時は、
いろんなホテルにステイすることができました。
もちろん、取材ということで。

自分で予約をいれて泊まるなんて
まずないだろうというような老舗ホテルにも
おかげさまで行くことできたのです。

ハワイ島のマウナケア・ビーチホテルも
そんな貴重な体験のひとつ。

mauna kea beach
mauna kea golf
上:ホテルPRの方からいただいたレイをつけ、マウナケア・ビーチに立つ。その先はカホオラヴェ島。
下:なんとコース・デビューがマウナケア・ゴルフコース。気分だけでも味わえ、それは幸せでした。


マウナケア・ビーチホテルに長期ステイして、
のんびりとマウナケア・ゴルフコースを楽しむ。
米本土からはそんなリッチなファミリー層が毎年訪れます。

でも、取材当時すでに
老舗ホテルがゆえ抱える問題があったようです。

常連の顧客の方々はもうお年もかなりいってます。
で、ご子息である方々は逆にいいお年頃に。

ファミリーで来るハワイ島でのヴァケーション。
若い世代にしてみたら、
もっと近代的設備のホテルに泊まりたいのですね。
それで客離れが進んできていたらしいのです。

実際にマウナケア・ビーチホテルに泊まってみて、
あのホテルのファシリティが放つ独特の落ち着いた空気感は
とても気持ちがいいものでした。

しかし、若いひとには多分わからいだろうし、
それはどうでもいいことなのかも知れません。
デザイナーズ・ホテルのほうが気分なんでしょうね。

老朽化がはじまっていたマウナケア・ビーチホテルは、
取材当時すでにリノベーションにとりかかっていました。

年配の方々から、若いひとまで
すべての客層に気に入られるホテルになったのか?
リノベーションの結果はどうだったのでしょう。

パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ、
SS 2013 コレクション2nd で残り少ない夏を楽しく。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

のびのと自由に楽しむ。
2013年 08月 19日 (月) 18:30 | 編集
着ることにあまりにも
ストイックになってしまっているひとも
きっといることと思います。

ファッション雑誌のスナップ特集を
丹念に見て、研究する。

トップスは?ボトムは?
シューズ、アクセ、リストウォッチは?
他人の着用ブランドもしっかりと確認していく。

結果、多数のスナップ写真を解析して、
アベレージ的なファッション・スタイルが
ベストな着こなしのように錯覚してしまう。

hotel hukilau sp 2
trade wind tour sp
別注の紹介です。セールでお求めのユニクロのボディにプリント依頼。なんて賢いカスタマイズ!

シャツは○○のブランドで、
パンツは△△のブランドで、
シューズは、□□のブランドで。
このコーディネイトなら、完全無敵の着こなしと。

でも、なんだかしっくりとこない。
せっかく大枚をはたいて買い揃えたのに。
なんてことにもなりかねません。

結局のところ、おしゃれって
そんなブランドのチョイスや組み合わせではなく、
いかに本人が着ることそのものを楽しんでいるか。
それに尽きると思うのです。

トム・ブラウンのボタンダウン・シャツにユニクロのパンツ。
着るひとの感性がブレていなければ、
そんなブランドの組み合わせだって粋になるはず。

ファッションの勉強のし過ぎはいけません。
それより、着ることを自由にのびのびと楽しむほうが
はるかにかっこいいのでは。

パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ、
SS 2013 コレクション2nd で残り少ない夏を楽しく。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン


それぞれのニッポン脱出。
2013年 08月 14日 (水) 18:30 | 編集
僕がハワイで暮らしていたとき、
同じように日本を飛び出してきたひとたちと
知り合いになりました。

佐川急便で死に物狂いで働き、お金を貯め、
虎視眈々とハワイ入りを計画・実行したひと。

ただ漠然とアメリカに憧れ日本を飛び出し、
米本土に渡り、その後不法滞在を逃れるため
ハワイへ流れてきたひと。

老いた両親を日本に残してきたまま、
それを心のどこかで悔やみながら
ハワイ暮らしをしているひと。

当然ではありますが、その背後には
ひとそれぞれいろんな思いや、事情があったことは確か。

my e2 visa
1991年10月1日、念願のE2-VISAを取得。その2週間後に日本を出国。16年間のハワイ生活を送る。

最近、テレビでもそんな海外で暮らす日本人を
取り上げた番組が多くなってきたようですね。

先日は、東南アジアの発展途上国で暮らす
日本人の熟年男性を取材していました。
家業の印刷工場を継ぐのがいやで、
それを奥さんに押し付けて、本人は単身で海外へ。

現地で中古車販売修理業を始めるも
今度はそれを息子に任せて、
本人は儲からない道楽の熱帯魚屋さんをやっている。
見た目はどこにでもいそうな普通の熟年男性でした。

番組中、彼の日本に残された家族の取材もあり、
興味深々となってしまいました。
きっとひと波乱あるのでは?
なんて下世話な思いも手伝って。

でも、予想を反し
奥様はあっけらかんとしたもの。
「そんな旦那と結婚したのは私だし、
好きにやってもらっていたほうが気楽。」

ふたりの女のお子さんも同じように、
「お父さんってちょっと変わっているから。」
と明るく笑っていたのです。
夫婦がいがみあうこともなく、
遠く離れていても、いい感じの家族だったのです。

何かを得るために、何かを失う。波瀾万丈伝!
そんなタイトルがついた日本人海外移住者を
取材したテレビ番組。
でも、僕にはちょっと大袈裟なタイトルに思えてしまいます。

何も得ないひともいれば、
何も失わない海外移住者だって
いっぱいいると思うのです。
(まあ、それでは視聴率を稼げないですものね。)

パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ、
SS 2013 コレクション2nd で残り少ない夏を楽しく。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

オッパイ・タグが好き。
2013年 08月 09日 (金) 18:44 | 編集
オッパイ「ハグ」ではありませんので。
どうか勘ちがいのないよう、よろしく。
オッパイ「タグ」が好きなんです。

ハワイのビジネスマンご用達の
アロハシャツといえば、Reyn Spooner社の
リバース・プリントのアロハシャツ。

日本でもレインズのアロハシャツのファンは
多いようですね。もちろん、僕も。

reyn's old & new tag
左が80sまで使用されていたレインズの旧タグ。女性がヌードのため通称オッパイ・タグ。
古着業界では金1色の刺繍だから金タグ、ヌード・タグとも言われてるようです。
右がそれ以降の新しいタグ。ちゃんと水着を着用、カラー化したタグになっています。


reyn's aloha shirts
ハワイ在住時代にスリフト・ショップで手に入れたオッパイ・タグのレインズ。
すべてボタンダウンのプルオーバー・タイプ。オールド感が漂う長い衿が好きなんです


reyn's my favorite
オッパイ・タグのレインズの中で、僕のいちばんのお気に入りの一枚がこれ。
プリミティブなハワイアン柄とこのイエローがたまりません。


ハワイ在住時代、勤めていた会社では
Reyn'sやKahalaのブランドの
アロハシャツを着て仕事をしていました。

最初の頃は気にはなりませんでしたが、
一年も経たないうちに、他の人と自分の着ている柄が
カブるという経験を何回もすることに。

仕事柄、クライアントとのミーティングやら、
いろんなレセプション等に行くので
大勢のビジネスマンに出会う機会も多くなっていき、
まあ、狭い島ならそれは当然のことだったのですね。

やっぱり、カブったときは気恥ずかしいものです。
後ろめたいことをしているわけでもないのに
その場から消えたくなるほど落ち着きませんでした。

そこで、古着好きの僕は
オアフ島内のスリフト・ショップ、
グッドウィルやセイバーズ、
サルベーション・アーミーへ通うことに。

古いアロハシャツなら、
ひととカブることがなく、しかもお値段が安いから経済的。
ということで、集まってしまった写真のアロハたち。

機会があれば、レインズ以外のローカルブランド、
リバティーハウスなどの
ヴィンテージ・アロハも紹介したいと思います。

パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ、
SS 2013 コレクション2ndでまったりと楽しい夏を。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

何足あれば、満足?
2013年 08月 04日 (日) 18:30 | 編集
僕はスケボーをやりません。
けど、何気に持っているスニーカーは
ヴァンズがいちばん多いのです。

持っているスニーカーを数えたら
コンバースよりも多かったので自分でもびっくり。
スケボー・カルチャーがひょっとして好きだったり?

あのスケボー映画「ロード・オブ・ドッグタウン」も
ハワイに在住していた時、
ちょうど封切られたので見に行きました。

僕の勤めていたハワイの会社の若いスタッフらが
仕事が終わるとスケボーを漕いで帰っていく。
当時はそんなこともとても印象的でした。

weedons & vans
ハワイ在住時代にノードストローム・ラックや、ワイケレのアウトレットで手に入れたヴァンズの一部。

僕は元来のなまけもの、面倒くさがり屋のようで
革靴もスニーカーもスリップオン・タイプが好き。
いちいち紐を結ぶのが面倒なんですね。

ジーンズだって、リーバイスの501の
ボタン・フロントは、正直いって好きではありません。
505のジーッパー・タイプのほうがやっぱり便利。

急に用を足したくなった時など、
501のボタン・フロントはいただけません。
特に1秒2秒を争うほど焦っているときなどは。

きっとTシャツが好きなのも、
シャツのようにボタンをかける必要もなく
サっと頭から被るだけでいいからなんでしょうね。

そのくせ、ものづくりに関しては
面倒くさがり屋とは真逆の自分がいるのです。
些細なことでも、納得がいくまでこだわってしまいます。

まあ、それで案外と自分の気持ちの
バランスがとれているのでしょうね、きっと。

パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ、
SS 2013 コレクション2ndでまったりと楽しい夏を。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。