Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔物の正体は4倍の重圧。
2014年 02月 25日 (火) 22:12 | 編集
あっという間に終わってしまいましたね。
ソチ五輪。
選手のみなさん、ようこそ母国日本へお帰りなさい。
どうもお疲れさまでした。
たくさんの感動をほんとうにありがとうございました。

同じ人間とは思えない
すごすぎる身体能力と精神力の強さ。
だからこそ、スポーツで
多くのひとに感動を与えられるオリンピック選手たち。

今回のソチ五輪では、そんな選手たちでさえも
持ち前の実力が発揮できなくなってしまう
オリンピック特有の重圧の脅威を
あらためて知らされた次第です。

'14 collection b&w
パラダイス・プリンティングの今春夏コレクション。版下作業はソチ五輪を楽しみながら進めました。

国内外の大きな大会で勝ち抜いてきた
勝負慣れしているトップアスリートの方々。
いちいちプレッシャーに負かされていたのでは、
到底オリンピックに出場することなんてできません。

でも、オリンピックは別ものなんですね。
これって、4年に一度ということが
やはり最大の要因なんですね、きっと。

選手にとってはこのチャンスを逃すと、
次は4年後になってしまうという緊迫感。
もちろん、応援する側も4年に一度だから
国を挙げて選手たちに大きな期待感を寄せます。

それはワールドカップ等の大会に比べて
4倍のプレッシャーがかかるのではないでしょうか?
もう、とてつもなく大きなプレッシャー。
俗に言う「オリンピックには魔物がいる」の
正体はこれなのかも知れませんね。

アルペンスキーの湯浅選手が言ってました。
「どんなに練習をしても、試合で勝てるという保障はない。
それがスポーツというもの。」

それでも日々過酷なトレーニングを続ける選手たち。
能力を高めて試合に勝つというよりも、
実はプレッシャーに打ち勝つための
最良の方法としてトレーニングはあるのかも。

パラダイス・プリンティングの
F & W 2013-2014 コレクションは、
着てほっこり、眺めてもほっこりのウェア。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

スポンサーサイト
生きることは「ギブ=テイク」。
2014年 02月 20日 (木) 19:44 | 編集
先日、ある学者がおっしゃってました。
「ボランティア活動は、
それを受ける側よりも、する側のほうが
実は癒されている」と。

たいしてボランティア活動らしいことを
やったことのない僕には、
それがほんとうかどうかはわかりません。

ただ、何かをすることが
苦痛なだけでは、
人間何もしないであろうと想像はつきます。

denim & shoes
オシャレにうつつをぬかすという「ギブ=テイク」。 自分もまわりもハッピーになれば、それで十分。

それで思ったのでありました。
「ギブ&テイク」ということば。
もらってばかりじゃダメ。与えることもしないとね。
今までそうとらえて気にかけてきましたが、
いや、ちょっと違うのではと。

「ギブ」と「テイク」は
常に均等な関係で成り立っているという図式です。
「ギブ」だけの行動なんてありえないし、
「テイク」だけの行動もありえない。

つまり「ギブ=テイク」。
ひとは瞬時にその判断を行い、
それが成立したときは自然に行動に移している。
そう思えてきました。

そろばん的な損得勘定や見返りでもなく、
本能的に癒しや快感を得るために
脳内スピード処理が行われる「ギブ=テイク」。

「大きなギブ」は、
すなわち「大きなテイク」でもあり、
ギブが少なければ、当然テイクも少ない。

ひとそれぞれが毎日の生活で
ひとそれぞれの「ギブ=テイク」を求めて生きている。
それが人間社会なのかも知れませんね。

ボランティアやスポーツなどに
「ギブ=テイク」を求めることは素晴らしいけれど、
ストーカー、薬物、一歩対象を間違えると
とんでもない犯罪にもつながる「ギブ=テイク」。

僕はもちろん、Tシャツづくりに「ギブ=テイク」を
求めているようです。

パラダイス・プリンティングの
F & W 2013-2014 コレクションは、
着てほっこり、眺めてもほっこりのウェア。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

気負いとプレッシャー。
2014年 02月 15日 (土) 18:30 | 編集
日本人選手の活躍によって
ソチから連日にわたり、
大きな感動をいただいております。
ありがとうございます。

人に感動を与えるなんて、
並大抵のことではできませんよね。
だからこそ、選手たちは大変なんでしょうけど。

オリンピックに出場するアスリートともなれば、
とんでもなくプレッシャーがかかることは当たり前。

そんなプレッシャーを
プラスに転じる術もちゃんと心得ていて、
大会に挑んでいるのでしょうね。

surf & vw
ただのんびりといい波を待つ。プレッシャーもなければ、もちろん気負いもない幸せなひとときでは。

精神的にはマイナスであるプレッシャー。
それをプラスに変換することで
よりいい結果を試合で出すトップアスリートたち。

でも、「気負い」はそうはいかないように思えます。
一旦気負ってしまうとプラスには変えにくい。
持っている実力が出せなくなってしまう。

今回、4位だったジャンプの裟羅ちゃんは
それが原因だったような気がしてしまいます。

ハーフパイプ銀・銅メダルの平野・平岡くんの
ふたりにはまったく気負いがなかったように
試合前後のインタビューで感じました。

「メダルを取りたい、メダルを取る」という
ストレートなモチベーションのふたりに比べ、
裟羅ちゃんは「メダルを取らなければ」という
気負いモードに入ってしまったのではないでしょうか?

でも、そんなことは
きっと当の本人がいちばんわかっていること。
次回の冬季オリンピック韓国・ピョンチャンでは
間違いなく金を取ると思います。
がんばれ沙羅ちゃん!

パラダイス・プリンティングの
F & W 2013-2014 コレクションは、
着てほっこり、眺めてもほっこりのウェア。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン


ラルフローレンよりも早く。
2014年 02月 10日 (月) 20:58 | 編集
昨年の暮れに
賀状用にと、今年の干支である馬関連の
ハワイアン・ヴィンテージ・グラフィックを
アーカイブより探っていました。

ハワイ生活の16年間で集めた
1000点以上にものぼる僕の大切な
ヴィンテージ・グラフィックのコレクション。

あらためて見ると
よくぞこんなに収集したものだと、
自分でも驚くほどのボリュームに圧倒されます。

polo sake 2
40sに実在したホノルル醸造会社の酒「ポロ」のロゴ&マーク。ラルフローレンではありません。

僕が生れる以前のハワイはもちろんのこと、
初めて観光で訪れるまで知らなかった
未知のハワイがいっぱい詰まっているんですよね。

50sにカイルアで競馬が催されていたことも
ヴィンテージ・グラフィックの収集中に
初めて知りました。

ギャンブル禁止のハワイ州だから
掛金・配当金はなく、
ただエンターテイメントとしての競馬を
楽しんでいただけなのでしょうか?

いずれにしても、
過去の知らないハワイが垣間見られる
ヴィンテージ・グラフィックのコレクションは
僕にとって貴重なタイムカプセルそのもの。

春もまもなくやって来ます。
2014 SS コレクションの10型を
そんな1000点以上にものぼる
ヴィンテージグラフィックのアーカイブから、
選び出す作業がまた始まります。

パラダイス・プリンティングの
F & W 2013-2014 コレクションは、
着てほっこり、眺めてもほっこりのウェア。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

認知ショウなら大歓迎!
2014年 02月 05日 (水) 19:00 | 編集
先日、朝のTVワイドショーで
「おしゃれ過ぎるシニアたち」という
タイトルの特集を見ました。

銀座の街角で
センスのいい着こなしをした
おしゃれなシニア、夫婦などにインタビュー。

おしゃれに対する生の声を聞いたり、
登場する方のお宅へ訪問して
ワードローブを拝見したりと、
とても興味深い内容になっていました。

senior fashion
おしゃれ上手なシニアには若作りの意識はなく、純粋に着ることを楽しんでいるだけのようです。

番組を見終わって、ふと思ったのであります。
おしゃれを楽しんでいるシニアの方々は、
きっとボケたりしないのではと。

毎日着るもののコーディネイトを考える。
おしゃれをすれば、出かけたくなる。
外出すれば、当然歩きます。
歩けば、いろんな出会いや刺激もある。

そんな日々を繰り返していれば、
脳もカラダもつねに活性化する。
ボケている暇なんてないのではと思えるのです。

おしゃれをすることは、
自分自身(アイデンティティ)を認知すること。
そして、おしゃれをすれば
他人にも自分を認知してもらいたくなる、
認知もしてもらいやすい。

おしゃれなシニアの方々が
どんどん増えていけば、
街角ではさながら楽しい認知ショウが
繰り広げられることになる。

「おしゃれ過ぎるシニア」、
今後もっともっと増えていってほしいものです。
もちろん、僕もめざします。

パラダイス・プリンティングの
F & W 2013-2014 コレクションは、
着てほっこり、眺めてもほっこりのウェア。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。