Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モテない女性はいない。
2014年 11月 27日 (木) 19:30 | 編集
前回のブログで、
映画よりも現実の世界でのほうが
すざましい事件が起きている。
と書いた矢先にとんでもないニュースが。

67歳の女性と以前結婚、お付き合いした
7人の男性が次々と死んでいた。
その彼女が手にした遺産はおよそ10億円あまり。

警察は青酸カリによる毒殺事件として
被疑者の女性を取調べ中とのこと。

かつて、その女性と
お見合いをしたことのある男性によると、
「ごく普通のひと」という印象だったらしい。

desert & wallabee 1
いちばん好きな靴はスリッポン・タイプ。次がこの手の靴。ワークブーツは苦手。脱ぎ履きが面倒で。

「モテない男性はいても、モテない女性はいない。」
これは僕の勝手な持論ですが、
それを聞いてますます持論が固まりました。

事件を起こした67歳の女性が
たとえば、吉永小百合さんふうなら
そうは思わなかったのでしょうが。

女性であれば、容姿性格に関係なく、
雄としての男性が必ず寄ってくる。
きっと雄の本能であるDNAがそうさせるのだと。

今回の事件が犯人は男性、被害者は女性。
なんていうケースはまずありえないと思います。

まあ、財産目当ての男性が
高倉健さんばりのいい男だったら、
次々と女性は騙されていくのかも知れませんが。

67歳の普通の男性が
7人もの女性を手玉に取るということは、
どう考えても無理なのでは。

前回のブログで書いた人生の「落とし穴」。
遺産目当てのこの事件は、
きっとお金の持つ危険な「落とし穴」にはまってしまった
女性が引き起こしたんですね。

パラダイス・プリンティングの
F/W 2014 コレクションは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン



スポンサーサイト
人生の落とし穴。
2014年 11月 22日 (土) 19:54 | 編集
先日、映画「紙の月」を見てきました。
もちろん、そこには
あのサンタフェの初々しい
宮沢りえちゃんはいるはずもなく。

少し陰りのある、
コムデギャルソンが似合いそうな
おとなの女性がいたのでした。

傍から見れば十分に幸せそうな夫婦。
なのに浮気から、やがて犯罪へと向かう
銀行勤めの主婦のストーリー。

それは現実の世界でもよくある出来事。
いや、映画以上にもっと
波乱で過激な事件もいっぱいあるようで。

skajyan
アイビーが好き。でも、その真逆ともいえそうなスカジャンも実は大好き。最近購入のお気に入り。

人生にはいろんな落とし穴があるようです。
映画「紙の月」は
恋の落とし穴から、やがて犯罪の落とし穴へと。

いくら自分がクルマを
注意深く運転しているからといって
交通事故に会わないとは限らない。
落とし穴もそれと同じことなのかも知れませんね。

自分の意志とは関係なく、
いろんなことに巻き込まれていくのが人生。
それがすべて
楽しいことであれば良いのだけれど。

幸いにも僕は、これまで
大きなな落とし穴にはまったことはありません。

落とし穴と言えば所詮ネガティブなもの。
ポジティブな落とし穴ってないのでしょうか?

もし、あるとすれば
ぜひとも暮れの年末ジャンボ宝くじの
落とし穴にはまりたいものです。

でも、もし1等が当たってしまったら、
その後の人生、危険な落とし穴だらけに
なってしまいそうで、怖いです。

お金はないけれど、
やっぱり今のほうが幸せなのかも。
何だかそう思えてきました。

パラダイス・プリンティングの
F/W 2014 コレクションは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

切ないクリスマス。
2014年 11月 18日 (火) 19:33 | 編集
街はすっかりクリスマス・モードに
なってしまいましたね。

並木道にはイルミネーションが灯り、
お店にはクリスマス・ソングが流れ。

でも、なぜか切ないのです。
もう昔のようにウキウキした気分に
ならないのです。

子どもでも、若者でもないし、
まあ、年齢的にみれば
それが当たり前なのかも知れません。


hi x'mas 1
ホノルルのダウンタウンにあるヘメタービル。2002年にはハワイ州立美術館が2階にオープン。


hi x'mas 2
シンメトリーで格調あるエントランス。オリジナルは1872年の旧ロイヤル・ハワイアン・ホテル。


hi x'mas 3
クリスマス・ツリーのトップオーナメントはさすがにハワイ。発光ダイオードがまだなかった頃。


ハワイで経験した常夏のクリスマス。
やはり最初にハワイに住み始めた頃は、
とても妙な気分がしました。

寒くもなければ、
もちろん雪など降るはずもなく。
でも街はいたってクリスマス・モード。

今では日本でも定着した
一般住宅の賑やかなイルミネーション。
ハワイで最初に見たときは
とても驚き、感動したものです。

常夏のクリスマスを
何回も経験して感じた
日本のクリスマスとの違い。

それは日本のお正月のように
家族が集い、家族で過ごすためのクリスマス。
クリスマス・プレゼントは
お年玉のようなものですね。

やっぱり日本のクリスマスは
若いカップルのためにある。
そんな気がしてしまうのです。
もちろん、それが悪いということではなくて。

僕は今でもクリスマス・ソングは大好き。
でも若い頃のように
それでときめくことはもうありません。

だからなのでしょうか?
ついつい切なさを感じてしまうのは。
しみじみと楽曲としてクリスマス・ソングを
聴き入るシーズンがまたきました。

パラダイス・プリンティングの
F/W 2014 コレクションは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン


スタジャンでいいじゃん。
2014年 11月 12日 (水) 18:43 | 編集
ブログの写真は
スタジアム・ジャンパー、
略して通称「スタジャン」と言います。

でもこれは和製英語で
正しくは「アワード・ジャケット」、
または「ヴァーシティ・ジャケット」。
なんて、ファッション雑誌に
よく書いてあります。

「トレーナー」も
アメリカでは「スウェット・シャツ」
と呼ぶのが正解で、
「トレーナー」では通じないと。

award jkt fight cancer
パラダイス・プリンティングのポップなグラフィックのフーディにはちょい渋めのスタジャンを着たい。

たぶん団塊世代の方々は20代の頃に
「スタジャン」「トレーナー」と呼んで、
それを着ることでアメリカ気分を
楽しまれたことではないでしょうか。

実際にアメリカへ行って、
「アワード・ジャケット」や
「スウェット・シャツ」を買う。

というならともかく、
別に「スタジャン」「トレーナー」の呼び名で
まったくかまわないと思うのですが。

ファッションのセオリーで
「自分の似合わないものを知ること」が
大切だとよく耳にします。

でも、似合う似合わないよりも
着たい、着たくないという気持ちのほうが
よほど大切だと思うのです。心意気ですよね。

もう若くはないからと
着たいものを着なくなっていく。
もしそうであれば、これはつまらないです。

兄貴的存在ともいえる団塊世代の方々には
スタジャン、トレーナーは、
たとえ70代80代になっても
ず~っと着続けてほしいと願ってしまうのです。
僕らの良きお手本として。

パラダイス・プリンティングの
F/W 2014 コレクションは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

アドマン失格。
2014年 11月 07日 (金) 19:27 | 編集
全国ゆるキャラコンテストが
僕の住む東海エリアで
先週の3連休にわたって開催されました。

せっかく近場で催されたのに
残念ながら、ゆるキャラに興味のない僕は
見に行くことはありませんでした。

あの「ふなっしー」や「くまもん」が
地域にもたらした経済効果が
あまりにも大きかったので、
他の府県でもゆるキャラには
相当の力と予算を使っているようですね。

beanie & sweat
そろそろニット帽の出番活躍です。同じスウェットシャツも帽子を替えればまた雰囲気が変わって。

僕は名古屋でおよそ20年、
ハワイでは15年ほど
広告業界でず~っと仕事をしてきました。

グラフィック・デザイナー、アートディレクター、
クリエイティブ・ディレクターとして
いつも広告主、消費者にとって
有益な広告づくりを精一杯してきたつもりです。

巷でヒット商品が出れば、
個人的嗜好に関わらずヒットの要因を
常に勉強したものです。
少しでも自分の仕事に活かしたいという
そんな思いがあったから。

でも、今の僕は違います。
ヒット商品やブームに関して
ほぼ興味がなくなってしまったのです。
もうアドマンとしては失格者ですね。

ゆるキャラがどんなに注目を集めようが
着ぐるみとして見ているだけで、
なぜ多くの人々をひきつけてしまうのか
理由を知ろうとも思わないのです。

強いて関心があると言えば、
どんなひとが着ぐるみの中に入っているのかな?
ということくらいです。

ハワイから帰国後、
僕は徐々に広告の仕事からは離れていきました。
ヒット商品やブームへの関心が
なくなってしまったのも、
きっとそんなことからでしょうか。

現在は、パラダイス・プリンティング一筋。
流行とは無縁のヴィンテージ・グラフィックが
ベースのTシャツやスウェットシャツ。

広告・宣伝をすることもなく、
唯一このブログだけがプロモーションでは。
ヒット商品も出なければ、たぶんブームも起こらない。
でもそれでいいのです。それが好きなんです。

パラダイス・プリンティングの
F/W 2014 コレクションは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

ノンフィクションよりフィクションのほうがリアル。
2014年 11月 02日 (日) 20:37 | 編集
先日、東京渋谷のハロウィンは
ワイキキ並に盛り上がったみたいですね。

僕の住む田舎町では、
ハロウィンの「ハ」の字もなく、
いたっていつも通りの31日でした。

ハワイ在住時代、
ミリタリー関係に友人がいまして
一般では立ち入ることができないベース敷地内での
ハロウィンに連れて行ってもらいました。

ワイキキの街角の
お祭り騒ぎ的ハロウィンとは異なる
なんともアットホームなハロウィンを
おかげさまで味わうことができました。

stripe jkt & pin badge
今から12年前の2002年のカメハメハ・パレードのピンバッジ。でも手に入れたのは最近の日本で。

ずいぶん前に
イヴ・サンローランのドキュメンタリー映画を
ホノルルのアカデミー・シアターで観ました。

そんなこともあって、
ハロウィン当日にハロウィンとはなんの関係もない
映画「イヴ・サンローラン」を
近場のシネコンへ観に行くことに。

今回の映画はフィクションなんですけど、
前に観たノンフィクションものより
よりリアリティを感じてしまいました。

イヴ・サンローラン財団の
協力・公認ということですから、
ストーリーは事実に基づいているのでしょう。

生涯のビジネスパートナーであり、
愛人でもあった男性との波乱な生活、
あのモンドリアン柄の
ファッションが生れるシーンなど
とても興味深かったです。

ただ、サンローランがアルコールはともかく、
あんなにドラッグ漬けになっていたとは。

偉大な作品が生れた背景には
アーティストがドラッグと関わっていた。
アート、音楽など芸術の世界では
よくそういったことを耳にします。

そして、彼らの残した作品自体に罪はない。
とも言われたりします。

でも、個人的には
アートとドラッグの関係性について
とても理解することはできませんし、
まして認めたいなんて、けして思わないのです。

パラダイス・プリンティングの
F/W 2014 コレクションは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。