Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これだけは困らない。
2015年 03月 27日 (金) 18:38 | 編集
これだけは困らないというもの、
何かありますか?
誰にもきっと何かあるはずですよね。

僕は、着るものです。
消耗品である下着以外は
今後いっさい買う必要がないくらい
困ることはないようです。

と言いつつ、まだ買っている
おバカな私ですが。
いわゆる着道楽とでも言うんでしょうか。

でも、やっぱり
「生涯、食うに困らないほどのお金」。
これがいちばんでしょう。
これさえあれば、人生悠々自適ですもんね。

white denim pants
いよいよ春本番。ホワイト・ジーンズの出番です。こんなに持っていたとは。さすが自分でも驚き!

と思ったものの、
案外とつまらない人生になってしまうのでは。
そんなふうにも思えてしまいました。

いつも買いたいものを買い、
いつも食べたいものを食べ、
いつも行きたいところへ行ける。

お金があるから、
そんな欲望はすべて満たされる。
それが当たり前になってしまえば、
当然、喜びや感動も無くなってしまう。

いつも充たされているから、
どこか充たされない。
となれば、
いつも充たされていないほうが
たまに充たされることになるのでしょうか。

あれこれ考えると
やっぱり、慎ましいくらいの生活が
いちばんいいのかも知れませんね。

商店街のお肉屋さんの
アツアツ揚げたてコロッケを
70円で食べる幸せ感は、
慎ましさがあってからこそかも。

でもいちばん羨ましいのは
これだけは困らないものを聞いたときに、
「強いて言えば私の場合、友人かな。」
そう言えるひとですね。

パラダイス・プリンティングの
オンライン・ショップは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

スポンサーサイト
さらばハワイ。
2015年 03月 22日 (日) 20:09 | 編集
いわゆる観光目的としての
ハワイ旅行は僕の中では
すでに完結してしまっています。

ハワイを知り尽くしたからとか、
けしてそんなわけではありません。
もともと、観光も旅行も
さほど好きではないようで。

ハワイへ行くとしたら
ビジネスや懐かしい友人に
会うためでしょうね。きっと。

hi hut & hi bag
バケットハットにミニトート。ハワイのオールド・グラフィックものは、つい惹かれて買ってしまいます。

旅行先では
自然が創り出した景観よりも、
そこに住む人々が育んだ文化のほうに
魅力を感じてしまいます。

オーロラよりも
グランドキャニオンよりも、
その地で暮らすひとのライフスタイル。

もちろん、自然環境が
生活や文化に大きく影響しているので、
自然を軽視をするつもりはありませんが。

今、観光目的で行くとしたら
中国の浙江省にある西塘でしょうか。

トムクルーズ主演の映画
「ミッション・インポッシブル 3」の
ロケ地として一躍有名になりましたね。

あの水郷の街並みがすごく好きなんです。
タイムスリップしたかのような
ノスタッルジックな佇まいに
ぜひ浸ってみたいものです。

浸ると言えば、
パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージTシャツのベースとなる
オリジナル・グラフィックたちにも。

いったいどんな人が
何を思って図案をおこしたのだろうか?
いつも新作をプリントするたびに
そんな思いを馳せてしまうのです。

パラダイス・プリンティングの
オンライン・ショップは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

商売っ気が失せていく。
2015年 03月 17日 (火) 19:30 | 編集
順調にサンプルのプリントが進んでいる
パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ
2015 SS コレクション。

いざプリントする時点で
急遽ブランク・ボディやインクの色を変更したりで、
まるで当初のプランなんて
あってないようなもの。

思いつきといいますか、
直感のままに作業をしながら
その成り行きを楽しんでいます。

sample prints '15
プリントする絵柄とボディとインクの色。数え切れないほどの組み合わせから、いちばんの好みを。

パラダイス・プリンティングの
コレクションも今年ですでに7回目。

実はコレクションを重ねるほどに
なぜか売ろうという意識が
弱くなっていっているようなんですね。

自分が着てみたいTシャツを
つくりたいというモチベーションは、
まったく失せていかないのに。
むしろ増しているような気すらします。

ハワイ在住時代に
アロハブレンドを立ち上げたときは、
熱心に日本へのプロモーションを
仕掛けていたのです。

もちろん仕事柄、そのあたりは得意分野。
いろんな手法を使って
いろんなメディアやキーマンに
ブランド認知をしてもらえるよう努めました。

日本に住んでいて、
日本でTシャツをつくっている現在のほうが
よほどプロモーションも楽で効果も上がる。
なのにほぼ何もしていないという有様。

どこかでパラダイス・プリンティングを
知ってもらい、そして気に入っていただく。

そんな何かしら縁がある方に
お買い上げいただければ、それで良し。
開き直っているわけでもなく、
どうもこれが素直な心の内のようです。

たいして財力もないのに
果たしてこれでいいのだろうか?
と、ごくたまに感じたりもするのですが……。

パラダイス・プリンティングの
オンライン・ショップは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

幸せな逝き方。
2015年 03月 12日 (木) 19:40 | 編集
東日本大震災から4年が過ぎました。
えっ、もう4年も経ってしまったなんて。

僕にはまだつい昨日の出来事のように
思えてしまいます。
風化なんてまるでしていません。
あのあまりの悲惨さでは。

天災と人災の強烈なダブル災害。
運よく助かった人と、
不幸にも亡くなられた方々。

たとえ命があったとしても
きっと今だに辛くて、複雑な思いで
いっぱいなんだと心中お察します。

safari plate
ツがつくナミだけは嫌いです。絶対にのりません。すぐに逃げます。今季のサーフ・シリーズはこれ。

自宅から遠く離れた高層マンションで
避難生活を送っていらっしゃる
高齢者のお方のことばが心に残りました。

「都会のきらびやかな夜景よりも、
ぽつんぽつんと灯る故郷の夜景のほうが
わたしゃ、落ち着くんですよ。」

身寄りもなく、
自分の生まれ育った場所でもない。
そんなところで死んでいくほど
悲しい虚しい終わりかたはありません。

生まれ育ったところで
人生を終えたい。
これは動物としての本能なんでしょうね。

そして家族や親類、友人らに
見守られながらあの世に行けたのなら
それだけでもう悔いはないのかも。

今、一部の年配の方々のあいだで
終活がブームになっているそうですが、
果たしてこれが幸せな逝き方となるのか?

残された者に迷惑はかけない。
それだけは間違いないようですが。

「人は生きてきたように死んでいく。」
その昔、読んだ本で知ったことば。
いや~、身につまされます。

パラダイス・プリンティングの
オンライン・ショップは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

リリハだからのリリハ・ベーカリー。
2015年 03月 07日 (土) 22:15 | 編集
先日、ハワイ在住の方のブログで
リリハ・ベーカリーが引っ越したとの
記事を読みました。

すごく気になったので
ネットでいろいろ調べてみたら、
リリハ・ベーカリー2号店が
ニミッツ沿いに出来たということで
ほっとしました。

やっぱりリリハ・ベーカリーは
あのリリハ地区にあってこその魅力。
いつまでも消えることなく
そこにあり続けてほしい店なんです。

blank body '15
'15 SSコレクション用に取り寄せたブランクTシャツの一部。フェザーやリンガーも多種ブランドを。

カウンター席だけの、
しかも15人も座れば満席状態の
狭い飲食スペースの
リリハのリリハ・ベーカリー。

カウンターに腰掛けて
オーダーした朝食が出されるまでの間、
年季のはいったコックさんの
手馴れた調理を
カウンター越しに見るのも楽しいのです。

リリハ・ベーカリー2号店は、
その真逆で広々とした店内。
すっきりとしたモダンなインテリア。
以前サムチョイがあった場所なんですね。
広いはずです。

どちらのお店が好きかは
もちろん個人の好みなんですが、
僕はリリハ店が断然好きです。

新しいモノやコトも好きだけど、
経年による味わいが滲み出たものは
もっと惹かれてしまうのです。

年季の入ったヴィンテージ・グラフィックの
パラダイス・プリンティングのTシャツ。
僕が作り続ける理由も
そんなところにあるんでしょうね。

パラダイス・プリンティングの
オンライン・ショップは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

希少だから好き。
2015年 03月 02日 (月) 19:37 | 編集
古着屋さんをまわることが好きです。
で、たまに買ったりもします。
いわゆるレアで高価なものは買ったりしませんが。

希少価値って、
僕にはあまり興味がそそられないんです。
好きなものなら、その希少性はおかまいなし。

ボロボロの古着でも
それが歴史的貴重なものとなれば、
筋金入りの古着マニアは
大枚をはたいても買うんでしょうけど。

used sweat shirts
古着の定番のようなグラフィックも好きでついつい買います。でも、自分ではつくろうと思わないです。

パラダイス・プリンティングの
'15 SS コレクションも10型が決まり、
いよいよ版作りにはいっていきます。

その10型はいずれも
貴重なヴィンテージ・グラフィックたち。
といって、過去に存在した
Tシャツではありません。

いわゆるヴィンテージTシャツの
復刻版でもなければ、リメイクでもなく。
パラダイス・プリンティングの
オリジナルとしてのTシャツです。

好きなものなら、
希少性がなくてもかまわないと言いましたが、
ひととカブルのは好きではありません。

稀少性が高ければ、おのずと価格は上がる。
そんな市場原理も、
やっぱり僕にはどうも馴染めない。

高価であればあるほど、
買った後で気軽に着ることができなくなります。
気を使いながら着るって、疲れますよね。

パラダイス・プリンティングの
'15 SS コレクション。
今回もガンガンと着倒すくらいの勢いで
ぜひ着てほしいと願いつつ、制作進行中です。

パラダイス・プリンティングの
オンライン・ショップは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。