Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今夏、ベルト計画。
2015年 04月 26日 (日) 13:16 | 編集
いよいよ夏ですね。
Tシャツはともかく、
もう日中は十分シャツ1枚で
過ごせますよね。

で、このシャツ
そろそろタックインしてもいいのでは?
と思っているのです。
僕は最近、
ず~っとそうしています。

となると、今まで
シャツで隠れていたベルトが
大事になってきます。
手を抜くことができなくなる。

ribon belts
ブランドをチェックしたら、VanquishにJ.crewなど。格安で買った後にわかると、さらに得をしたような。

個人的には、
今夏のベルトをリボンベルトに
しようと思っています。

とりわけ、
レジメンタル・ストライプが
気になっています。

そう思っていたら、
知らぬ間に3本のベルトが
手元に集まっていました。

好きな古着屋さん巡りで
何気に買っていたのですね。

革のベルト、メッシュのベルトでは
ちょっと重いし遊び心もなく、
やっぱり布素材のベルトが雰囲気。

Tシャツ1枚のシーズンに入る前は
シャツをタックイン、
レジメンタル・ストライプのリボンベルトで
ちょっとポップにシックに
おしゃれを楽しみたいと思います。

パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ
2015 SS コレクション
じっくりとお楽しみください。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

スポンサーサイト
待てないオトコ。
2015年 04月 21日 (火) 23:12 | 編集
先日、名古屋にも
あのハワイのパンケーキ専門店
「Eggs'n Things」がオープンしましたね。

僕はもう名古屋を離れてしまったので
そのために行くということは
まずないと思いますが。

それにしても、
オープン初日はなんでも
4時間待ちの大行列。
恐るべし「Eggs'n Things」の人気。

all picture sweat
最近のお気に入り、多色プリントで総柄のスウェットパーカー。僕のつくるものとは真逆だから好き?

実はハワイに住んでいた時、
ワイキキの「Eggs'n Things」には
一度も足を運びませんでした。

パンケーキが食べたくなったら、
勤めていた会社の近くにあった
カピオラニの「Original Pancake House」へ。
(すでに東京原宿に2号店まであるそうで。)
ほぼ待つこともなく、
おいしいパンケーキが食べられたからです。

つまるところ、行列が嫌いなんですね。
食べたいものを食べるために待つ。
これができないのです。

食べものだけではありません。
買いものでも同じように
並んで待って買うことができません。

待っている時間も楽しいということは
理解できるのですが、
やっぱり待てないのですね。
忍耐力も持久力もないようです。

マラソンよりも100メートル走。
結果がすぐに出るほうが好きなんですね。

仕事も同様です。
Tシャツづくりもだから性に
合っているのかも知れません。

デザインをおこして
版をつくるまでは時間を要しますが、
Tシャツのプリントそのものは一瞬です。

一発勝負の緊張感。
これがたまらなくて、
今日もオーダーのプリントに入ります。

パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ
2015 SS コレクション
じっくりとお楽しみください。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

流れに乗っても、流されず。
2015年 04月 16日 (木) 21:00 | 編集
僕が10代の頃、
ツイッギー旋風がありました。

イギリスのモデル、ツイッギーが
クレージュのデザインしたミニスカートをはいて
一気に世界的ブームに。

当時、日本のマスコミやファッション業界では
日本人の体型にミニスカートは似合わないと
口をそろえて言っていたのです。

でも、あっという間に
ミニスカートは日本でも女性の間で
市民権を得てしまったのです。

my crush denim
気分転換にはきたくなる自前のクラッシュ・デニムたち。そのぶん、トップスは小綺麗にまとめたい。

似合う、似合わないなんて
もともと体型とは関係ないと思うのです。
それを好きか、嫌いか。
ただそれだけのことではないでしょうか。

自分が好きな服は、
どんどん着ればいいのであって。
嫌いな服はやっぱり似合わない感が
漂ってしまうものですよね。

ダメージ・ジーンズ。
今はクラッシュ・デニムと言うみたいですが。

これも、熟年には似合わないと
当初は言われていました。

若い人ならともかく、
ファッションで着ているのではなく、
リアルにボロを着ている風に見えてしまうと。

でも、全体の着こなしを見れば
それがファッションであるか、ないかは
すぐにわかるというもの。

いわゆる一般論や多数意見には
ついつい無条件に無意識に
受け入れてしまいがちなんですよね。

ファッションに限らず、
生活全般にいたるまで
案外とそんな既成概念に流されて
日々を過ごしているような気がします。

年を取れば取るほど、
より自分の感性を大事に衰えないように
していかなくてはとつくづく思うのです。
流されないためにもね。

パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ
2015 SS コレクション
じっくりとお楽しみください。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

生みの親、育ての親のような。
2015年 04月 11日 (土) 19:30 | 編集
パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ
2015 SS コレクション。

オンライン・ショップにあげてから
まだ1週間ちょっとなんですが、
すでにオーダーをいただきました方々への
発送も順次進めさせていただいてます。

大袈裟かも知れませんが、
いつも発送のときには
わが子を送り出すような心境に近いのです。

デザインからプリント、
そして発送まですべての工程を
ひとりで行っているから
余計にそんな気持ちになってしまうのかも。

yacht pencil+'15 ss logo
ニッポン・ヴィンテージの「Marumi」。今回は鉛筆メーカーです。なぜヨットなのか?気になって。

自分のつくったTシャツが
知らない街の知らないひとの元へ。
またまた大袈裟になってしまいますが、
その方と生活を共にすることになる。

Tシャツを着ていただいて
あるときはデートに、食事や映画にも
お供をさせていただく。

着ては洗濯、着ては洗濯の繰り返しで
この夏を一緒に過ごさせていただく。

自分の手元から離れていった
ブランニューなTシャツも、
徐々にお買い求めいただいた方の
カラダに馴染んで染まっていく。

発送で近所の郵便局へ行った帰りに
ふと、そんな情景を
思い浮かべたりするのですね。

大量生産、大量販売。
それはそれでおおいに結構。
僕自身もその恩恵には
十分あやかっていますので。

でも、作り手としては
今のスタイルがいちばん。
オーダーによるハンドメイドですね。

パラダイス・プリンティングのTシャツを
着てもらいたい気持ちと
着てみたいということでオーダーされた方。

オーダーが入ってから
納品までの一週間足らずの時間ですが、
Tシャツを通してどこかつながっている感覚。
それがうれしいのです。

パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ
2015 SS コレクション
じっくりとお楽しみください。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

どうも気恥ずかしいようで。
2015年 04月 06日 (月) 20:12 | 編集
パラダイス・プリンティングの
ヴィンテージ・グラフィックTシャツ
2015 SS コレクションがスタートしています。

コレクションをサイトにアップするやいなや
オーダーをいれてくださるご贔屓の方々には、
ほんとうにいつも感謝感謝です。

コレクションのために
いろいろと費やしてきた労力が
これで一気に報われてしまうんですよね。

お買い求めいただいた
パラダイス・プリンティングの
Tシャツを着て街へ行かれる。
そんな姿を想像をするだけでもうれしくなります。

travel uncle sam+'15 ss logo
今回のアメリカン・ヴィンテージ「146」はストリームライナー。古着でもまず見かけない絵柄では。

僕のつくったTシャツを着て
僕と会ってくれる身近な友人がいます。

もちろん、すごくうれしいのですが
反面、なぜか気恥ずかしさもあるんです。

仕事柄、自分の制作した広告が
いろんなメディアに掲載されてきました。
駅貼りのポスター、電車の中吊り、
雑誌広告から新聞広告まで。

掲載された自分の制作物を見ても
気恥ずかしさなどはまったくありませんでした。
むしろ、達成感でいっぱいで。
でも、Tシャツは違うようです。

広告はあくまでも
クライアントの要望やゴールに向かって
具現化していくもの。
デザインをするのは自分でも、
個人的なアートワークとは違います。

その点、 パラダイス・プリンティングのTシャツは
すべて自分の思い入れだけでつくっています。
大袈裟に言ってしまえば、
自分の分身なのかも知れません。

だから、自分の目の前に
自分のつくったTシャツ(姿)が登場すると
ついつい気恥ずかしくなってしまうのかも。

パラダイス・プリンティングのTシャツは
ネットでの販売だから、
全国津々浦々の方からオーダーをいただきます。

どんな方が買われて、着ていただいているのか?
実はとても気にはなっているのです。
でもお会いすれば、
やっぱり気恥ずかしさが先立ってしまうのではと。

パラダイス・プリンティングの
2015 SS ヴィンテージTシャツコレクション
じっくりとお楽しみください。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

2015 SS コレクションがスタート。
2015年 04月 01日 (水) 17:27 | 編集
今年もおかげさまで
パラダイス・プリンティングの
2015 SS ヴィンテージTシャツコレクション
スタートすることができました。

ハワイから帰国後、
これで7回目のコレクションとなります。
コレクション毎に10型をつくっていますので、
トータルで70型となりました。

今回のコレクションはもちろんのこと、
過去のコレクションからも
お気に入りのものがあれば、
オーダーを承りますのでぜひどうぞ。

hawaiian casuals+ss logo
まだまだTシャツ1枚では過ごせません。でも、部屋にハンガーで吊るして眺めているのも楽しい。

Tシャツとひとことで言っても、
メーカーによって実に様々です。

原糸からこだわってボディをつくる。
昔ながらの織り機を指定して生地を織る。
縫製から染色まで細かいディテールにこだわる。
もう、ほんとうにいろいろ特色があるようで。

パラダイス・プリンティングが
毎回コレクションで採用するボディは
独自につくったものではありません。

いろんなTシャツ・ボディメーカーから
好みに合ったものをチョイスしています。
もちろん品質の良いものだけを。

オリジナルのボディをつくることへの
資金的な側面もありますが、
既存のボディを使うことのメリットも
実はとても大きいのです。

ヴィンテージ・グラフィックを
活かすためのボディを考えると、
ひとつのオリジナル・ボディよりも
選択肢はいっぱいあったほうがいいから。

今回のコレクションでも
3つのタイプの異なるボディを
グラフィックに応じて使い分けています。

無地のTシャツを着たい。
というのでしたら、ボディ自体が決め手。
でも、グラフィックTシャツの勝負は
やはりそのグラフィックにあります。

パラダイス・プリンティングの
2015 SS ヴィンテージTシャツコレクションで、
じっくりとグラフィックをご覧ください。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。