Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国熟男のつぶやき。
2010年 06月 02日 (水) 00:01 | 編集
1991年の10月にハワイ入り。
そして、16年間のハワイ生活を終え、
2007年6月1日、日本に帰国。
今日でちょうど3年が経ちました。

ハワイ入りする前の
日本ではバブル景気を存分に謳歌し、
(といっても、仕事三昧でしたが。)
そのバブルがはじけそうになった頃に
タイミングよくハワイへ移住。

steve house
とりあえず、友人の住むこのマキキの一軒家に居候。そして新聞でコンド探しを。
makiki road
マキキの閑静な街並みは、案外と好きでした。上に行けばタンタラスの丘へ。

折りしも今度はハワイで、
日本からのハワイ渡航客が年間200万人を
超すという観光バブルを迎えることに。
そんなとてもラッキーな流れに
乗ることができました。

ハワイでの16年間の生活は
何だか、あっという間に過ぎ去って行きました。
たぶん、日本のようにはっきりとした
四季がないことも
かなり影響していたと思います。

毎朝起きれば、
無条件に快適な気候が迎えてくれて、
飲んで食べて仕事をして一日が終わる。
たいして変化もない、そんな平和な毎日を
淡々と過ごしていたんですよね。

それに比べると、
日本に帰ってからの3年間は、
ずいぶんと長く感じてしまいました。
もう10年くらい経ったようにも
思えてしまうんですよね。

良くも悪くも、けじめある日本の四季は、
否応なしに時間やその時の気持ちを
カラダに刻んでくれるものなんだな~と。

たとえば、
寒い冬なんて気を奮い立たせないと、
暖かいベッドを離れることも、
まして仕事にとりかかることもできないしね。
(だから冬は特に長~く感じてしまいます。)

さらにこのご時勢。
不景気による閉塞感も時間の流れを
余計に長く感じさせているような気もします。

とまあ、そんなことをふと思ってしまった
帰国子女ならぬ、
帰国熟男のジャスト3周年目の感想でした。

でもね、人生って過去に生きるわけでもないし、
今日が、今が、いちばん大切。

今日一日を思う存分に生きれば、
明日もいい一日が待っているんですよね。
(と、自分に言い聞かせて)

さて、もうひと仕事しますか~。


「この夏T・オレT」お探しのかたは、こちらへどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン




スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。