Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tシャツ選びのプライオリティ。
2010年 09月 30日 (木) 23:45 | 編集
朝夕めっきりと肌寒くなってきました。
Tシャツ1枚で過ごせる日々も
残りわずかになってきたみたいですね。

毎年衣替えで夏物を仕舞いこむ時に限って、
その夏のいろんな出来事がフラッシュ・バック。
そして、なぜかちょっとセンチなったりして。
kihei auto cc
ところでこの夏、
みなさんはどんなTシャツを選び、
それを着て過ごされたのでしょうか?

お気に入りのTシャツを選ぶ時の基準は、
もう、ひとさまざまですよね。

着心地を最優先するひと、
サイジングをから入ってゆくひと、
デザイン・カラー至上主義のひと、
価格から絞り込んでゆくひと……。
island roofing cc
僕の場合は、まず絵柄です。
グラフィックが気に入らなければ、
どんなにリーズナブルであってもアウト。

次にサイジングでふるいにかけます。
ジャスト・サイズでなければ、
借り物を着ているようで落ち着きません。

そして、最後に素材で判断します。
もちろん良い生地にこしたことはありませんが、
素材の良さ=価格に反映するので
その時の自分のサイフと相談ですね。

例えば、昔ながらの吊り編み機で織った生地。
ゆるいテンションで糸が織り込まれてゆくので
生地自体もソフトで着心地も抜群です。

ただし、1時間に1メートルほどしかつくれないため、
このボディを使ったTシャツのお値段は
当然ながら高めとなります。

廉価なボディは、洗濯を繰り返すことによって
斜行(ねじれ)が発生したり、
型崩れなどを起こしやすいものです。

でも、そんなちょっとしたTシャツのやれ具合なら、
かえって経年による「味」として楽しめるんですけどね。

個人的には、あまりにも生地がしっかりしていたり、
高品質過ぎるとTシャツとしては立派すぎて
つまらないように思えてきたりもします。

Tシャツのボディもグラフィックも
肩の力が抜けたゆる~い感じが好きです。
自分の肌にいちばん近いウエアだから。
パラダイス・プリンティングは、
そんな思いでヴィンテージTシャツをつくっています。

※写真のTシャツは、いずれも
パラダイス・プリンティング
2010 SS ヴィンテージTシャツ・コレクションの
バリエーションです。
詳細は、こちらからどうぞ。




オリジナルTシャツ人気ランキング




にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン





スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
確かに・・・
すごく良くわかります。Tシャツ一枚の季節も終わりが近づきます。
この頃になると、我が家では、南の家での半年を過ごす荷造りがはじまります。
2010/ 10/ 01 (金) 10: 50: 55 | URL | Mac # -[ 編集 ]
Re: 確かに・・・
コメントをありがとうございます。
夏物を仕舞うときは、未練がましく。
冬物を仕舞うときは、スッキリと。
やっぱり夏が好きなんでしょうね。
それにしても、南の家で半年とは。
羨ましいかぎりです。
2010/ 10/ 01 (金) 20: 29: 34 | URL | Paradise Printing # .YGpgO.s[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。