Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらばコダック。
2012年 01月 25日 (水) 00:00 | 編集
あのKodak社が
とうとう破産してしまいましたね。
デジタル・カメラを最初につくっておきながらも、
やはりアナログからの移行ができなかった。
それが原因のようです。

僕がハワイで働き始めた当初、
ちょうど勤務先の会社のとなりには
まだ大きなKodakの現像所がありました。
もう16年も前のことです。

フィルム・カメラで撮った写真は、
すべて現像に出してプリントをする。
これが当たり前としてまだ続いていた頃。

kodak hi tee
50sのプロモーションとして、 KodakにはこんなTシャツもつくってほしかった。そんな想いの1枚。

しかし、時の流れは早いものです。
その10年後には、
一部のマニアやプロ・カメラマン以外は、
誰もがデジタル・カメラを使用。
フィルムの必要はなく、もちろん、その現像も。

Kodak社の黄金時代は、
やはり1950年代だったのでしょうか。
カメラが一気に普及して、
モノクロからカラーへ写真が変わり始めた年代。

それは、米本土からハワイ観光客の増加に伴い、
Kodak社がいちばん広告宣伝に
力を注いでいた頃でもあります。

自社のカメラやフィルムを使ってもらおうと
1937年にスタートしたあの「Kodak Hula Show」。

その無料イベントも維持できなくなり
1999年には冠スポンサーを降りたKodak社。
この頃からすでに倒産への
サインは出ていたのでしょうね。

「Kodak Hula Show」の
ヴィンテージ・グラフィックを使った
Tシャツのデザイン画もアーカイブしていますので、
また改めて紹介しようと思います。

パラダイス・プリンティングの
オンラインショップは、こちらからどうぞ。



オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
フィルム写真
こんにちは「デニムマイスター」でお世話になっております編集長のdenimroadです。

ここ数年で時代を逆行して、フィルムカメラに興味を持ち出した自分としては、コダックの破産は益々フィルム離れに拍車がかかるのではないかと心配になります。

デジタルも使いますが、味わいのあるフィルム写真も残ってほしいと思います!
2012/ 01/ 29 (日) 10: 43: 50 | URL | denimroad # gMF7.0xA[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。