Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カメハメハ・リング。
2009年 09月 06日 (日) 18:41 | 編集
古着好きのひとは、アメリカの古いカレッジ・リングも
好きなひとが多いですよね。(もちろん、私も。)
ものによっては、数十万円もするカレッジ・リングが
古着屋さんで売っていたりします。

さて、今日はカレッジ・リングならぬ、
スクール・リングの紹介です。
なんと、それもカメハメハ・スクールの。

kamehameha ring

もう20年以上も前、観光でハワイを訪れた時、
とあるアンティーク・ショップで偶然見つけ、
もちろん即買い。
(裏側にHJ10Kと刻印=ハワイアン・ジュエリー10金だから、
貴金属的な価値はどうってことないですね。)

カメハメハ・スクールといえば、
カメハメハ大王のひ孫「ビショップ王女」により、
1887年に創立された由緒ある名門校。

買ったリングをさっそく指にはめ、
ショッピングに出かけたら、
お店のひとに「あんた、弁護士か、医者かい?」
と、リングを見て言われてしまいました。
恥ずかしくてそれ以来、指にはめていません。

今でこそ、入校規制はなくなったそうですが、
ハワイアンへの十分な教育を目的としてつくられたため、
ハワイアンの血を受け継いでいないひとは
入れなかったというカメハメハ・スクール。

(どう見てもハワイアンの血が流れているとは、
思えないルックスの私なんですが。
今思えば、お店のひとのジョークだったんでしょうね。)

卒業記念としてつくられるカレッジ・リングは、
その両サイドに、卒業の年度が入いり
そして、裏側には本人のイニシャルが刻まれるのが一般。

と言うことで、このカメハメハ・スクールのリングの元持ち主は、
1970年度の卒業生である「JD」くんと判明。

若さゆえ、遊ぶお金ほしさにカレッジ・リングを
パウンショップ=質屋に売り飛ばしてしまうひとも
いっぱいいると聞きました。

JDくん、あなたもそうだったのでしょうか?
1970年に卒業ということは、
もう50代中頃のりっぱなおじさんになっているんだ。
「あの時、売らなきゃよかった」と、今さら後悔しても遅いよ。

パラダイス・プリンティングへは、こちらからどうぞ。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。