Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スチールギターの嘆き。
2013年 11月 22日 (金) 19:08 | 編集
ハワイ在住時代は、
とにかくいろんなコンサートに行きました。

ローカル・アーティストによるこてこての
トラディショナル・ハワイアンから
白人アーティストによる
エキゾチックなハワイアンのコンサートまで。

Jerry Byrd 2
カピオラニ公園のバンドスタンドにて。中央がジェリー・バード氏。右はまな弟子のアラン・アカカ。

Jerry Byrd 1
年季のはいったローカル・バックミュージシャンとのセッションも、じつに和んでいい感じでした。

young hiro
このコンサートは、ハワイへ移り住んでまだ間もない頃でした。ダイアモンドヘッドを背にパチリ。

ジェリー・バード(2005年4月にご逝去)と言えば、
スチールギターの世界的名プレイヤー。

レコードでは何度も聴いたことはあるものの
まさか、生で彼の演奏が聴けるとは
思いもよりませんでした。

ハワイアン・ミュージック通のひとには
案外とスチールギターの音色が嫌いという
お方も多いようですね。

日本でハワイアンがブームになった
1940年代後半から1950年代。
ハワイアンからハワイアン歌謡へと流れていくなか、
スチールギターは欠かせない楽器でした。

たぶんそんなハワイアン歌謡的なイメージが
スチールギターの音色とダブってしまうのでは。

でも、ハワイアン・ミュージックのレジェンド、
故ギャビーパヒヌイだって
スチールギターの名プレイヤーでもありました。

彼のアルバムには、
スチールギターがフューチャーされた名曲が
いくつもあります。

ようは、スチールギターという楽器ではなく、
その演奏スタイルによるんですよね。
日本のハワイアン歌謡にもなれば、
アメリカのカントリー・ミュージックにもね。

パラダイス・プリンティングの
F & W 2013-2014 コレクションで、
ほっこり暖かい毎日を。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。