Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチ・ジャケットの昇格。
2014年 01月 31日 (金) 20:49 | 編集
20代の頃から、
コーチ・ジャケットが好きでした。
当時は確か、
ウィンドブレーカーなんて呼んでましたけど。

古着屋さんはもちろん、
Made in U.S.A.のインポートものを扱うショップでは
あたり前にように売られていました。

で、ここ昨今またこのコーチ・ジャケットが
ちょっとしたブームになっていたようで。

coach jkt
最近購入した35年前のデッドストックのコーチ・ジャケット。カラー、サイズ、価格すべてお気に入り。

で、驚いたのはその値段です。
ファッション誌に紹介されているコーチ・ジャケットは
どれも2万円以上はするものばかり。

有名なドメスティック・ブランドの
コーチ・ジャケットだから、
品質も縫製もきっといいことでしょう。

でもね、あのアメリカ製の粗いつくり、
ペラっとしたナイロン生地。
それがコーチ・ジャケットの魅力だと思うんです。

おしゃれに着る。というより、
肌寒い時にサっとはおるための実用品。
目的もシンプルなら、つくりもシンプルでOK。
もちろんお値段もそれなりでないとね。

チームのコーチ・ジャケットが
いつの間にかチームのオーナーが着るジャケットに昇格。
ついそんな気がしてしまった
残念なコーチ・ジャケットブームでした。

パラダイス・プリンティングの
F & W 2013-2014 コレクションは、
着てほっこり、眺めてもほっこりのウェア。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。