Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生きることは「ギブ=テイク」。
2014年 02月 20日 (木) 19:44 | 編集
先日、ある学者がおっしゃってました。
「ボランティア活動は、
それを受ける側よりも、する側のほうが
実は癒されている」と。

たいしてボランティア活動らしいことを
やったことのない僕には、
それがほんとうかどうかはわかりません。

ただ、何かをすることが
苦痛なだけでは、
人間何もしないであろうと想像はつきます。

denim & shoes
オシャレにうつつをぬかすという「ギブ=テイク」。 自分もまわりもハッピーになれば、それで十分。

それで思ったのでありました。
「ギブ&テイク」ということば。
もらってばかりじゃダメ。与えることもしないとね。
今までそうとらえて気にかけてきましたが、
いや、ちょっと違うのではと。

「ギブ」と「テイク」は
常に均等な関係で成り立っているという図式です。
「ギブ」だけの行動なんてありえないし、
「テイク」だけの行動もありえない。

つまり「ギブ=テイク」。
ひとは瞬時にその判断を行い、
それが成立したときは自然に行動に移している。
そう思えてきました。

そろばん的な損得勘定や見返りでもなく、
本能的に癒しや快感を得るために
脳内スピード処理が行われる「ギブ=テイク」。

「大きなギブ」は、
すなわち「大きなテイク」でもあり、
ギブが少なければ、当然テイクも少ない。

ひとそれぞれが毎日の生活で
ひとそれぞれの「ギブ=テイク」を求めて生きている。
それが人間社会なのかも知れませんね。

ボランティアやスポーツなどに
「ギブ=テイク」を求めることは素晴らしいけれど、
ストーカー、薬物、一歩対象を間違えると
とんでもない犯罪にもつながる「ギブ=テイク」。

僕はもちろん、Tシャツづくりに「ギブ=テイク」を
求めているようです。

パラダイス・プリンティングの
F & W 2013-2014 コレクションは、
着てほっこり、眺めてもほっこりのウェア。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。