Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観る気なくても歌う「レリゴー」。
2014年 05月 26日 (月) 19:51 | 編集
ディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」。
歌共々大ヒットですね。
映画を観ていない僕ですら、
「レリゴー~」って思わず口ずさんでいるのですから。

でも、どんなにヒットしようが、ブームになろうが
「アナと雪の女王」は観に行きません。
実はアニメ映画が大の苦手なんです。
どうも肌に合わないようなんですね。

cabton & jeans
今コレクションのキャブトンTeeのボトムには、何となく尾錠付きデニムパンツが似合いそうですね。

宮崎駿監督の最新作「風立ちぬ」をはじめ、
スタジオジブリの作品も
一度も映画館で観たことがありません。

以前、テレビで放映されたものを
見たことはあるのですが、
やっぱりチャンネルを変えてしまいました。

マンガもまったく読みません。
あのワンピースですら、
当初は女子の服のことだと思っていたくらいです。

アニメやマンガ。
けして、喰わず嫌いというわけではありません。
子どもの頃はそうでもなかったのですから。
貸しマンガなんて、ほんと好きで通ってましたから。
(世代がわかりますよね~。)

なぜ、アニメやマンガが肌に合わないのか?
ストーリーに引き込まれていかないのか?
たまに考えてはみるのですが、
やっぱりよくわからないのです。

いわゆる創作されたキャラが
「絵空事」を展開していくことに馴染めないのか?
といって超現実派でもない自分なんですが。

演劇も実は、アニメやマンガと同じく
肌にあわないのです。
こちらは目の前の舞台で
生身の人間が「絵空事」を演じる。
これも自分にはどうも苦手なようなんです。

でも、アニメ以外の映画は大好きなんですよね。
人がスクリーンという架空の世界で
「絵空事」を繰り広げる。
これはとても肌に合うのです。
違和感がまったくないのですね。

パラダイス・プリンティングの
SS 2014 コレクション から、
じっくりとこの夏Tをお選びください。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。