Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新旧ゴジラ対決を見る。
2014年 07月 30日 (水) 20:42 | 編集
先日、映画「ゴジラ」を見てきました。

夏といえば、東宝の怪獣映画と
加山雄三の若大将シリーズの豪華2本立て。
それがすごい楽しみだった子ども時代。

ついついそんな子どもの頃に戻ったかのように
映画館に足を運んだのでした。

当時は、今のようなシネコンではなく
東宝の映画、松竹の映画
それぞれが映画会社系列の作品だけを上映する
映画館として存在していた時代です。

king's bakery sp
キングス・ベーカリーの別注品です。この配色、まったく雰囲気も違って、個人的にも大好き。

シネコンになってからは、
ポップコーンを食べながら映画を見るといった
アメリカン・スタイルがあたりまえになっていますが、
当時はまったく違っていました。

映画館の売店で売っていたのは
都こんぶ、さくらんぼ餅、のしいかなど懐かしの駄菓子。
それを食べながらの映画鑑賞。

考えてみればポップコーンなどと違って、
どれも食べるときに音が出ないような商品セレクト。
観客への気配りだったのでしょうね。

で、今回のハリウッド版の映画「ゴジラ」。
怪獣ムートーとのし烈な戦いは
CGを駆使したつくりでもう完璧な出来上がり。

それに比べると
昔の東宝「ゴジラ」なんて着ぐるみのようなもの。
特撮技術だって、
今から思えばなんとも稚拙で不自然だったことか。

たまに見えてはいけないはずの
怪獣を吊るすピアノ線が見えたり。
映画館を出てからトリックを見破ったかのように
それを友だちと自慢しあったものです。

高度なCGを使ったあたかも本物のような怪獣映画。
かたや、アナログな
つくりものとわかってしまう特撮映画。
だからといって、
感動が劣るとはけして思えないのですが。

パラダイス・プリンティングのヴィンテージ・グラフィックTシャツ
SS 2014 2nd コレクションは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。