Paradise of Vintage T-shirts
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せな逝き方。
2015年 03月 12日 (木) 19:40 | 編集
東日本大震災から4年が過ぎました。
えっ、もう4年も経ってしまったなんて。

僕にはまだつい昨日の出来事のように
思えてしまいます。
風化なんてまるでしていません。
あのあまりの悲惨さでは。

天災と人災の強烈なダブル災害。
運よく助かった人と、
不幸にも亡くなられた方々。

たとえ命があったとしても
きっと今だに辛くて、複雑な思いで
いっぱいなんだと心中お察します。

safari plate
ツがつくナミだけは嫌いです。絶対にのりません。すぐに逃げます。今季のサーフ・シリーズはこれ。

自宅から遠く離れた高層マンションで
避難生活を送っていらっしゃる
高齢者のお方のことばが心に残りました。

「都会のきらびやかな夜景よりも、
ぽつんぽつんと灯る故郷の夜景のほうが
わたしゃ、落ち着くんですよ。」

身寄りもなく、
自分の生まれ育った場所でもない。
そんなところで死んでいくほど
悲しい虚しい終わりかたはありません。

生まれ育ったところで
人生を終えたい。
これは動物としての本能なんでしょうね。

そして家族や親類、友人らに
見守られながらあの世に行けたのなら
それだけでもう悔いはないのかも。

今、一部の年配の方々のあいだで
終活がブームになっているそうですが、
果たしてこれが幸せな逝き方となるのか?

残された者に迷惑はかけない。
それだけは間違いないようですが。

「人は生きてきたように死んでいく。」
その昔、読んだ本で知ったことば。
いや~、身につまされます。

パラダイス・プリンティングの
オンライン・ショップは こちらから どうぞ。


オリジナルTシャツ人気ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ

Twitterボタン

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Paradise of Vintage T-shirts all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。